トップページ サイトマップ 会計事務所の方はコチラヘ
経営者・事業主の声会計事務所の会について会計事務所検索お役立ち情報お問い合わせ・申込み
年末調整とは何ですか?
戻る トップへ 次へ

 確定申告は個人が自分で収入や経費、所得や税金の計算をして納税をします。一方、年末調整は雇用主が従業員の一年間の給与から税金を計算し、すでに給与から天引きしている所得税額の合計額から精算することで納税が完結する仕組みをいいます。したがって、サラリーマンの多くは年末調整で納税が完結しますので、確定申告をする必要はありません。

 ここで、「なぜ毎月税金を天引きしているのに、あらためて年末に計算をする必要があるの?」と疑問を抱く方もいるでしょう。なぜかといえば、ほとんどの場合、天引きした所得税額の合計額はその人が本来納付しなければならない所得税額と一致しないからです。

 たとえば毎月天引きをする所得税額は、年の途中で扶養家族が増減してもそれ以前の月に遡って修正しません。また、生命保険料や損害保険料などの控除額は毎月の天引きの際に全く考慮されないのです。

 したがって、毎月天引きされていた所得税額はあくまで”概算”にすぎず、年末に計算をし直して精算をする必要があるのです。


  最後の給与等で差額を還付
本来納める税額    
  最後の給与等で差額を徴収



戻る トップへ 次へ
Copyright 2004 E=CALL Corporation All Rights Reserved.