トップページ サイトマップ 会計事務所の方はコチラヘ
経営者・事業主の声会計事務所の会について会計事務所検索お役立ち情報お問い合わせ・申込み











会計事務所インタビュー一覧へ戻る
そよかぜ税理士事務所  栗原真平 氏
東京都中央区

顧問先だけでなくその従業員や家族まで、周りの方々を思いやって真摯に仕事に取り組んでいらっしゃる栗原先生。今回はそんな栗原先生に、お客様への思いや税理士という業務への姿勢について伺いました。

        インタビュアー:坂 恵




Q 先生が税理士になったきっかけはなんでしょうか。


もともと祖父母も父親も家族経営の自営業だったので、税理士という存在が身近にありました。また自営業の大変さも子供ながらに感じていました。大学で商学部に進み勉強をしていくなかで、実家と同じような中小企業を支援していきたいという思いが強くなり税理士という仕事を志しました。


栗原先生




Q 事務所の経営理念やモットーを教えてください。


お客様に寄り添うこと、中小企業の財政基盤の安定、経営の安定を大事にしています。

実家の自営業は資金繰りが大変だったので、私自身も子供ながらに親に気を使い、やりたいことができないこともありました。中小企業の財政基盤が安定し従業員に十分な給料を払えるようになれば、社長を含め従業員の生活も安定し、結果的にその子供たちが安心して暮らせるようになると考えています。経営者だけでなく、頑張っている人が報われるような社会になってほしいですし、その一助になりたいと思っています。





Q お客様だけでなくその周りの人たちのことまで思って仕事をされていらっしゃるのですね。そうすると、お客様と関わるうえで気を付けていることはありますか。


法令順守を徹底することです。ルールを無視するような悪いことをしてお金を稼ぐことはできます。しかし、子供たちに対して胸を張って言える仕事でなければいけないと考えています。

ですからお客様にも「税金をごまかしたい、過度な節税をしたい」などの相談は受けませんとお伝えしています(笑)





Q では、お客様にとってどんな事務所でありたいでしょうか。


相談がしやすい事務所・税理士であることを心がけています。お客様が安心して経営できるようにするには、税理士に気軽に相談するということが必要だと思っています。敷居を低く感じてもらおうと、お客様には「先生」ではなく「さん」付けで呼んで下さいとお願いしています。また電話やメールですぐ相談できたり、お客様が困っているようであれば通常の訪問以外でも伺ったりして、フットワーク軽く対応するようにしています。





Q なるほど、そういう存在が経営者の身近にいると、経営者も心強いですね。では具体的にどのようなサービスを提供されているのでしょうか。


財政基盤の安定という点で今後の売上や経費予測が大事だと考えています。そのため、お客様に今後の予測を伺いながら一緒に事業計画を立てます。その上で、月次訪問をして数字が計画通りか、今後どのような対策を考えているかを確認するようにしています。もし予測値と実績値に差があるなら、その原因を一緒に考えます。

毎月この予実管理を確認しているような会社は利益が出ているところが多いですね。
逆に、年次決算だけ見てくれたらというところですと経営者の感覚だけで対策を取るため、ふたを開けてみてびっくりということもありました。経営者から「利益が出るから節税対策を教えて欲しい」と言われて教えたのですが、いざ決算を行うと赤字となり、節税対策をしない方が良かったのでは・・・ということもありました(笑)
そんな経験もあり、お客様には毎月会うようにお願いしています。

関与当初は3年〜5年くらい先の目標などについてのお話を聴きます。その後の月次訪問では基本的に1年先の予測値などをみながら経営の話をするようにしています。数年先のことも大事ですがまずは足元を見てもらうことが大事だからです。

その上で決算時期などに当初言っていた目標に近づいているかを話すようにしています。



↑クリックすると拡大表示できます。





Q では次に事務所のことについて教えてください。良いところはどんなところでしょうか。


法令を守って業務をしていることでしょうか。また私とスタッフ1名の体制ですので、和気あいあいと仕事をしているところです。






Q 和気あいあい、良いですね。今後事務所の運営で目指されていることはありますか。


スタッフが5〜10人の規模で、各スタッフが自分の好きなことができる事務所にしていきたいと思っています。「好きなこと」は仕事でも趣味でもOKです。趣味も大事ですから。好きなことが専門になって、仕事に活かされてくると良いなと思っています。

また在宅勤務等、柔軟な働き方ができるようにもしたいですし、多様性を大事にしていきたいです。そのために今取り組んでいることは、資料の保管方法や在宅でも業務ができるようなITシステムの活用です。

働き易い環境を整えることでスタッフの定着に繋がっていくと考えています。






Q そうなんですね。業務の効率化、という面ではMyKomonでサポートできる部分も多々ありますが、現状はMyKomonでどのようなメニューを活用されていますか。


まずはニュースレターですね。通常版と医業版を活用してお客様へ情報提供しています。時間をかけずに「そよかぜ」のサービスに付加価値を付けられるので助かっています。

それと業務報告書も利用しています。月次顧問のお客様だけでなく新規予定のお客様との対応記録も残しています。不動産会社主催の無料税務相談会に参加することがあるのですが、後日相談者の方からご連絡頂いても、すぐに当時の内容が分かるようにしておくと、対応が良いと喜ばれます。

他にも今後使っていきたい機能として、医業データベースがあります。診療報酬分析を行って、医業顧問先へより付加価値の高い情報を提供していければと考えています。

また、機能ではないですがMyKomonさんが開催しているセミナーによく参加させていただいています。税理士会の研修にも参加していますが、MyKomonさんの研修は面白いものが多いので勉強になります。






Q 嬉しいお言葉ありがとうございます!それでは最後に、経営者の皆様へ一言お願いします。


事業計画は会社経営の助けになります。同じ中小企業の経営者でもありますし、お悩み等あればいつでもご相談ください。一緒に事業計画を考えましょう



そよかぜ税理士事務所

https://soyokaze-tax.jp/


栗原先生、ありがとうございました!

2019.05
※本インタビューページの内容は、公開日時点での情報となっております。

会計事務所インタビュー一覧へ戻る