トップページ サイトマップ 会計事務所の方はコチラヘ
経営者・事業主の声会計事務所の会について会計事務所検索お役立ち情報お問い合わせ・申込み











会計事務所インタビュー一覧へ戻る
くま税理士事務所  隈和宏 氏
福岡県福岡市

開業から3年目、医業を中心に顧問先を拡大し日々成長されているくま税理士事務所。事務所の強み、経営者としてのお考えを隈和宏先生に伺いました。

        インタビュアー:寺本美穂




Q 税理士を目指したきっかけを教えてください。


医療機関を経営する父から、税理士の道を勧められたことがきっかけです。それまでは父と顧問税理士との関わりを見ていて、経営者にとって「必要な存在」「頼られる存在」といったイメージを持っていたぐらいですが、私自身大学でも経営を学んでいたことから、経営について父と話す機会もありました。今思えば、そういった大学での経験もあっての提案だったように思います。

そこから勉強に専念するため、専門学校へ通い、卒業後会計事務所で勤務しました。そこでは自ら希望し、医業チームで経験を積みました。実家のこともありますし、医業に対するこだわりはありましたね。診療科目も幅広く担当させていただき、様々な医業の知識を習得することができました。医業を中心に多くの経験を積んだことが、現在につながっているように思います。



隈 先生




Q 会計事務所で9年ほど勤務をして独立されましたが、きっかけはなんですか?


税理士として勤務する中で、顧問先へのサービス提供や関わり方など、自分で挑戦してみたいこと、やりたいことを考えるようになりました。独立開業した先輩と関わる機会もあり、自分のやりたいことに挑戦している姿は輝いて見えましたね。現在は経営者としての難しさもありますが、同時に可能性の広さも感じています。

独立してからの変化としては、経営する立場になってようやく経営者と対等になり、悩みを分かち合えるようになったと実感しています。





Q 経営者の方と接する上で心掛けていること、気を付けていることはありますか?


経営者だけでなく、その家族、会社の従業員まで、皆が幸せになる道を探すことを大切にしています。色々な選択、決断が必要な場面も多いですが、この視点を意識して考えるようにしています。

経営者の方と時に意見がぶつかることがあっても、周りの皆様の幸せのために遠慮せず意見を伝えることが多いですね。





Q くま税理士事務所の強みは何ですか?


医業です。医業に強い税理士との情報交換も頻繁に行っていますし、勤務時代から医業を中心に経験を積み、また一時的ですが、事務長代行の経験もあります。医業に関しては深いところまで相談に乗ることができる点は私たちの強みだと感じています。さらに、医療事務として長く勤めていた経験があるスタッフもいるので、難しい専門用語が出てきたときはとても助かっています。

また、相続や事業承継も得意分野です。医業と相関性のある分野ですしね。出資持分も複雑になっていますが、力を入れて取り組んでいます。





Q ご経験を活かした強みですね。日頃より弊社の医業関連セミナ―にも参加いただき、勉強熱心なお姿をいつも拝見しております。その他事務所の取り組みとして行っていることはありますか?


お客様を交えた事務所主催のイベントを企画し行っています。春休み期間中はお子様も参加できるような内容にしました。様々な業界・業種の方にお集まりいただいていますので、情報交換の場としても活きているように思います。相談できる場が少なく悩んでいる方もいらっしゃいますし、税理士が同席している安心も感じていただいています。

また屋外で経営者相談会を行うこともあります。日頃とは異なる環境ということもあり、会議室で話すより良いアイデアが生まれやすいと感じます。今後も一味違った企画を行っていきたいです。






Q そういった先生のアイデア力と交友関係の広さゆえの活動も事務所の強みですね。今までは対外的なお話を伺いましたが、先生が経営者として所内の雰囲気づくりで心がけていることはありますか?


とにかく「自由」であることを重視しています。可能な限り権限を与えて、縛りなく仕事をしてもらいたいと思っています。

その上で、忙しい時はしっかり真剣に働きながら、遊ぶ時はしっかり遊ぶといったメリハリをつける雰囲気づくりも心掛けています。最近だと、昼休憩の時間に近くの公園へ花見に行きました。対外的なイベントだけでなく、所内のイベントも活発にしたいと思っています。






Q MyKomonがどのような形でお役に立てているのか、教えてください。


医業の顧問先とのやり取りを電子会議室で行うことで情報の一元化や共有に役立っています。

他の担当者がメールで連絡を取るときに、CCに入れてもらっても埋もれてしまいますが、電子会議室だと顧問先ごとにすぐやり取りを確認することができます。
また、私だけでなく入力を担当する所内の職員とも情報を共有できるので、作業の指示もスムーズです。

ドクターとはまず電話は繋がらないですし、奥様にもIDを発行すれば内容を見ていただける所も電子会議室の良さですね。

また、グループウェアでのスケジュール管理はかなり定着していて、これ無しじゃ所内の情報共有は難しいですね。最近はToDoも使い始め、思いついたときにどんどん登録しているので、業務の漏れを防ぐことができています。






Q 嬉しいお言葉ありがとうございます!最後に経営者の方へ一言お願いいたします。


苦労、喜び、楽しみも分かち合えるお付き合いをしていきたいと考えています。
ご家族や従業員の皆さんが幸せになる道を一緒に考えましょう。







くま税理士事務所

http://kumatax.com/


隈先生、本当にありがとうございました!

2019.04
※本インタビューページの内容は、公開日時点での情報となっております。

会計事務所インタビュー一覧へ戻る