トップページ サイトマップ 会計事務所の方はコチラヘ
経営者・事業主の声会計事務所の会について会計事務所検索お役立ち情報お問い合わせ・申込み











会計事務所インタビュー一覧へ戻る
税理士法人駒井会計事務所  駒井良理 氏
東京都中央区

今回は、東京の八丁堀に事務所を構える駒井良理先生に、顧問先様との信頼関係の構築の仕方や、お仕事への向き合い方についてお話を伺いました。

        インタビュアー:八木麻湖




Q 税理士を志したきっかけをお聞かせいただけますか?


父親が税理士事務所を営んでいたので、もともと身近な業界でした。大学に入学する頃は会計より法律に興味があったので、法律を専攻しました。

司法試験も受けてみようかと思いましたが、合格まで10年くらいかかりそうだし、税理士試験の方が自分に合っているかなと思い直しました。高校の時に簿記の勉強をして、サクサクっと2級まで取れたので、向いているかもと考えたのもひとつの理由です。

大学の終わりから税理士試験の勉強を始めて、父親の税理士事務所でアルバイトから入り、そのまま勤め始めました。



駒井先生




Q 駒井先生は色々なことをご存知なので、他事務所や他企業のご経験もあるのかと思っていました。


私は税理士業界しか知りません。なので、お客様に色々なことを教えていただいています。お客様は各分野の諸先輩なので、お話を聞くと本当に勉強になりますね。

スタッフには、「お客様からなにか1つでもいいものをもらったら、2つ返せるようにしなさい。2つもらったら、4つ返せるように。」と伝えています。でも、何を返せばいいのかは誰も教えてくれないので、自分で色々経験し、探していくしかないですね。私もそれをずっと繰り返してきました。それで色々な知識がついたのかもしれませんね。





Q 会話のキャッチボールで、会計事務所とお客様の距離が縮まっているのですね。


お客様にいいものをもらい、こちらからもお返しをしていく。そんなキャッチボールをするためにも、お客様との距離を近づけなくてはいけないと思っています。スタッフにも、お客様の懐に入るように伝えていますよ。みんなそれぞれに自分の距離感、性格があるので、人との距離を縮めるのが苦手だとしても、他の方法で想いを伝えることはできないか、自分で考えて行動してもらっています。




Q 今後目指す姿は?


事務所規模で言えば、1.5倍から2倍にしたいです。たくさんのスタッフがいればサービスの層が厚くなるので、お客様のためになると思っているんです。1人より2人、2人より3人集まったほうが、良い知恵が生まれますからね。お客様との1対1の対応で信頼関係が築けていることも満足感には繋がりますが、1人で対応していると業務をミスしてしまうリスクもあるので、2〜3人のグループで対応することでミスをなくしたいと思っています。






Q 現在もグループを組んでお客様対応をなさっているのですか?


そうですね。グループで対応できるような体制にしています。個人に任せず、複数人でお客様に関わることで、「この担当者がいないとこのお客様の対応はできない」ということが無くなるようにしたいと思っています。お客様にとっても、グループで対応することに安心感を持っていただけたら嬉しいですね。複数人で対応することでチェック体制も働きますし、うっかりミスもなくなりますよ。

もちろん、グループで対応できるようになったのはスタッフが増えてからです。スタッフが少ないうちは私の目が届きますが、スタッフが増えると目が届かなくて怖いですから、グループで対応するようにしました。





Q 現在、力を入れている取り組みはありますか?


社内インフラの構築です。MyKomonを始めて、事務所がとても変わったと感じています。MyKomonのグループウェアを導入する前は、日報から業務報告書、それに顧客管理なんかも紙で行っていたので、電子化したことで利便性が上がりました。

導入したきっかけは、工数分析のセミナーに参加したことかな。MyKomonのことはセミナーに参加するまでは細かいことは知りませんでしたが、セミナーを受けてすぐに導入を決めました。

所内の情報をクラウドでは共有できるのが一番いいですね。いつでもどこでも見られるし、検索性も高いし。お客様先にいても、過去の対応を見ることができるから便利ですよ。






Q MyKomonがお役に立てているようで嬉しいです。 先生のお仕事のやりがいはなんでしょうか?


お客様からの「ありがとう」「駒井会計事務所さんでよかった」という言葉です。また、お客様がお知り合いを紹介してくれるのが嬉しいですね。お客様も、友達を信頼できない人には任せられないはずですし、ご紹介をいただくと、自分のことを信頼してくださっているんだなと嬉しくなりますよ。

父の代から長いお付き合いをしているお客様も多いですね。社長も2代目3代目に事業承継しています。そんな長い付き合いになると、お互いほとんどのことを良く知っていますよ。普通、決算書や通帳を見ることはないのに、会計事務所はそれができる。なんだか不思議な関係だなと思いますね。





Q 経営者の方にメッセージをお願いします。


経営が大変だと感じる時期はあると思いますが、どんな時代でも経営が大変じゃない時はありませんし、楽な経営もありません。景気のいい時でも経営は大変です。そのような世の中で、経営者は変化しようという気持ちを持つことが一番大事だと思っています。時代に合わせてちょっとした変化をしていくことで、最終的には大きな変化となりますし、それをお手伝いしたいと思っています。

いい時も悪い時も、時代も人も物も変化しますよね。その中で、「自分の経営だけは変わらない」と思ってしまう人がいますが、そうではないんだということを知ることが大事ですし、私たちがお伝えしていかなくてはと考えています。どんなに売り上げが良くても常に疑問を持ち、変化が楽しめる人は経営を楽しめると思っています。そんな変化を楽しめれば、もう経営は成功できるというのが私の考えですね。

ご自身や環境の変化に気が付かない人もいらっしゃいますが、そんな方には、決算の度に以前とどう変わったか、次はどうしたいかをお伺いします。決算はその1年の成績発表なので、変化があったかどうか、社長と担当者で一緒に確認をしています。自分の会社だと変化に気づけない時もあるので、そのために私たち会計事務所が客観的なデータでお伝えできると考えています。

会計事務所はお客様のパートナーなので、一緒に経営をしている気持ちで対応しています。

理想ではありますが、お客様の考えに沿った形でお手伝いし、お客様の考えからずれてきたら、軌道修正できるようにしたいと思っています。


税理士法人駒井会計事務所
http://www.komai-af.com/


駒井先生、ありがとうございました!

2019.02
※本インタビューページの内容は、公開日時点での情報となっております。

会計事務所インタビュー一覧へ戻る