トップページ サイトマップ 会計事務所の方はコチラヘ
経営者・事業主の声会計事務所の会について会計事務所検索お役立ち情報お問い合わせ・申込み











会計事務所インタビュー一覧へ戻る
菅井幸彦税理士事務所  菅井幸彦 氏
愛知県名古屋市

菅井先生は、長年国税局に勤められた経験をもとに熱い想いを持ち、通常の税理士業務の他、セミナーや講師活動を積極的にしていらっしゃいます。今回はそんな菅井先生に数々の取り組みや経営者の方への想いをお伺いしました。

        インタビュアー:森本美乃里




Q 税理士になられたきっかけを教えてください。


大きな一つの理由として国税局・税務署で長年の勤務では、国税不服審判所・法人課税課審理官・税務大学校教育官・国税調査官など経験をさせて頂きました。

国税局勤務で学んだ知識や経験を行政側でなく、民間側で活かすことができないのか・・・培ってきた知識や経験を民間側で活かすことも税務行政への貢献だと思い、税理士になりました。



菅井先生




Q 国税局を経験したからこそ今の先生があるのですね。具体的に民間側で活かすとはどのようなことでしょうか?


国税局や税務署の活動を理解されていないことや誤解も少なくありません。

上手く活用すれば参考になることも沢山あります。ですが・・・活用するのを怖がっている方も多いかと思います。そのような方々の架け橋になりたいと思っています。





Q なるほど。民間と行政の架け橋。非常に大切な役割ですね。それでは事務所の特徴について教えてください。


国税調査官の経験と知識を活かした事務所です。

例えば『税のセカンドオピニオン』として現在の顧問税理士契約はそのまま、会社経営者・資産オーナー様の税務判断や意思決定に際し広い角度からの「第三者意見」をご提案しております。また、税理士事務所の顧問も多数受けております。税理士事務所の先生方へ様々な情報や税務調査対策などを提供し役立てて頂いております。

「知識やノウハウは出し惜しみせず若い先生へ伝えていきたい。」と思っております。国税局OBにしかできないことが提案できる事務所です。





Q どんな事務所を目指されていますか?


経営者側に立って仕事をするということを一番大切にしています。お客様に正確な情報を提供することで共に発展する事です。

お客さんにとってオンリーワンのパートナーでいたいという信念を基に「オンリーワン・パートナー」を経営方針として掲げております。

オンリーワン・パートナーとして経営者の方に寄り添った事務所であり、法人様の対応の他、事業承継対策・相続対策として最新の資産管理ツール「民事信託」を活用。円滑な事業承継、豊かで円満な相続のための フルオーダーメイドの相続プラン「想いと願いの実現」をサポートできる事務所を目指しております。






Q 今、力を入れている取り組みがあれば教えてください。


「民事信託」ですね。ホームページに詳しく記載しています。
http://sugaioffice.com/trust/

国税局勤務時代から信託法を研究し、税理士事務所開設当初から「民事信託」に取り組んできました。

名古屋では税理士として最初に民事信託の契約書を作成しました。当初は金融機関での「信託口口座」の必要性が理解されず、口座開設の交渉など・・・本当に苦労しました。今年の9・10月は名古屋と大阪で税務研究会さん主催の税理士向け【民事信託マスター講座「基礎/応用」】の講師を務めさせて頂き多くの税理士さんが参加されました。

税務研究会発行の月刊誌 税務QA 10・11月号では「民事信託」特集ページの執筆もさせて頂きました。12月号からは「民事信託」について連載も始まります。民事信託は力を入れている取り組みの一つです。







Q 先生は様々なことに力を入れていらっしゃいますが、そんな中で、弊社のMyKomonがお役に立てていることはありますか?


MyKomonのいいところは顧客管理はもちろん、事務所管理に非常に役立っています。仕事であったり、スケジュールであったり、事務の流れであったり、アナログでは難しい情報共有ができ、それぞれの職員が判断できるというところが良いと思います。

今はIT化の時代です。場所や時間に制限されず、使えるという点も助けられています。 特に、電子会議室は海外のお客様とのやり取りにも利用しています。インターネットさえ繋がれば全世界どこでも使えますし、セキュリティー面でも安心できるので、電子会議室は所内、所外問わずとても活用しています。





Q ありがとうございます。MyKomonがお役に立てているようで、うれしく思います。最後にご覧になっている経営者の皆様へ一言お願いします。


厳しい時代、大変な時代といわれています。経営は本当に大変だと思います。国税局法人課税第一統括時代は経営者の方々とかかわる機会も多く、経営者の気持ちを分かっていると思っていました。

しかし・・・私自身が事務所運営に携わり経営の喜びだけではなく、苦労や悩みも痛感しました。経営者としての立場や思いの変化を経験しました。経営者は孤独です・・・不安や悩みを一人で抱え込むのではなく、税理士を信頼し相談してみてください。時間を惜しむことなく問題解決に尽力します。どの税理士も経営者の方と共に歩み発展することを願っています。


菅井幸彦税理士事務所
http://sugaioffice.com/


菅井先生、今日はありがとうございました!

2018.11
※本インタビューページの内容は、公開日時点での情報となっております。

会計事務所インタビュー一覧へ戻る