トップページ サイトマップ 会計事務所の方はコチラヘ
経営者・事業主の声会計事務所の会について会計事務所検索お役立ち情報お問い合わせ・申込み











会計事務所インタビュー一覧へ戻る
クロスト税理士法人  田代健太郎 氏
大阪府大阪市

今回は、「1社でも多くの会社のお金を増やして、強い会社になるお手伝いをしたい」という熱い想いをお持ちの田代先生にお話を伺いました。

        インタビュアー:中山由貴




Q 税理士を目指したきっかけを教えてください。


きっかけは、両親の知人の税理士さんです。
バブル時代を経験した税理士さんで、私が中学生のころ、その方から「バブル崩壊で生き残った会社と潰れた会社は何が違ったのか」という話を度々聞かせてもらいました。

生き残った会社と潰れた会社の違いは、何だと思いますか?
答えは「会社にお金が有ったか無かったか」の1つです。
その方は、『「お金が大事」と分かっていつつも、多くの経営者が日々の営業活動をしているなかで「お金が大事」とは反対の行動をしている』と仰っていました。

このような実体験に基づいた話をたくさん聞かせてもらい、税理士という仕事に興味を持ち、税理士を目指しました。




田代先生



Q 「クロスト税理士法人」の「クロスト」には、どんな想いを込めていますか。


「お客様に安心を提供したい」という想いを込めています。
クロストは、「cross=お客様と関わる」と「honest=正直、誠実」を組み合わせた造語なんです。「お客様に対して、正直・誠実に関わって安心してもらいたい」という想いを込めました。

お客様との何気ない雑談から税務以外の困りごとを察知し、近い距離感でサポートしています。お客様は、ちょっとしたことを相談できる距離感に安心を感じ、喜んでくださっていますね。近くにいるように心がけているのがお客様にも伝わっているのかなと思います。





Q 素敵な想いを込めてらっしゃるんですね。お客様と接するときに大切にされていることはありますか?


「簡単に分かりやすく伝えること」と「当たり前のことを丁寧にミスなく行うこと」ですね。

・簡単に分かりやすく伝えること
税法をはじめ、どの分野の話も難しいので、私たちが簡単に分かりやすく伝えて、お客様には私たちがお話したことを活かして本業に集中してもらいたいです。色々な困りごとがあるなかで、各分野のプロはどこにでもいますが、相談したら何かヒントを与えてくれる人や何でも分かりやすく教えてくれる人ってなかなかいないんですよね。

お客様の困りごとに対して簡単に分かりやすく伝えて安心を提供し、税務以外でも困ったらクロスト税理士法人がお客様の頭に浮かぶ存在を職員と共に目指しています。

職員を採用する際は、会計業務経験の有無ではなく、「お客様に安心を提供するために行動できる人かどうか」を基準にしています。

・当たり前のことを丁寧にミスなく行うこと
回答の速さや頻度の良いコミュニケーション等、凡事徹底を大切にしています。速い回答をするために、チャットツールを使い、お客様からのご連絡を担当者以外も確認できるようにしています。

お客様に対して、事務所全体で関わっている仕組みにし、属人化させないことで、担当者が代わってもお客様にご迷惑をかけることがないよう努力しています。当たり前のことを丁寧にミスなく行うことの積み重ねがお客様との信頼関係構築に繋がっていますね。





Q 田代先生の目標は何ですか?


1社でも多くの会社のお金を増やして、強い会社になるお手伝いをし続けたいです。

中小企業の10年生存率って6.3%なんです、びっくりですよね。
会社を畳むのに悪い理由ばかりではないと思いますが、さすがにこの数字が見ると「将来が暗いな」と思います。中小企業を黒字にして、潰れないようなお手伝いをしていきたいですね。ちょっとしたお金の管理をするかしないかで、この生存率は大きく変わるはずです。

手元のお金を増やして、強い会社になるお手伝いをし、社会に貢献していきたいです。





Q 「手元のお金を増やすことが会社を強くする」や「ちょっとしたお金の管理」について詳しく教えていただけますか。


・お金を手元に残すことが会社を強くする
手元にお金があるからこそ、「ここぞ!」というときに融資を受けられたり、必要な投資ができたりするんです。売上が減少したり、予期せぬ災害があったりして手元のお金が無くなった場合、融資を受けようと思っても受けられないという状況は、社長が行う日常の選択の違いで起こります。
手元にお金があるからこそ選択肢が広がり、会社を強くするんです。

・ちょっとしたお金の管理
長期的な視点でお金のことを考えて無意味なことをしないことです。
クロスト税理士法人では、短期的な視点の節税に走らず、事業計画と財務分析を用いて中期的〜長期的な視点でのお金の動きを管理していくご提案をしています。

節税が悪いわけではなくて、タイミングがとても大切になります。
「節税=最善策」というわけではないという話をすると、びっくりされるお客様もおられます。

事業計画と財務分析を用いて、お金を増やすための行動を具体的にし、その実行タイミングを分かりやすくお伝えするととても安心していただけます。数字を用いたロジカルなご提案に加えて、色々な会社に携わった実体験に基づくお話をさせていただけるのが当社の強みだと思います。





Q 開業から現在までの田代先生、またクロスト税理士法人のFacebookを拝見していると、田代先生が職員さんをとても大切になさっていて結束力の強さが伝わってきます。


そこには自信があります。事務所経営をする中で一番意識していますね。
職員が疲弊して低いモチベーションで仕事をすると、お客様へのサービス低下に繋がります。

日々の声掛けやランチミーティングなどを行い、職員一人ひとりに「いつも見守っている」という想いが伝わるように努力しています。職員全員が安心感をもって前向きに仕事をできるように、事務所の環境を整えてしっかりサポートした結果、全員が前向きに仕事をし、お客様に安心を提供してくれています。





Q 人の悩みを抱えている経営者は多いと聞きます。田代先生が職員さんを大切になさっている取り組みをお話することで、お客様にも良い影響がありそうですね。


絶対あると思います。
経営者と従業員の間には、深さは違えど溝があります。
その溝を埋めるコンサルをさせていただくこともあります。

どの会社も人がいないと売上があがらないですが、人不足の時代なので、新しい人を採るのは本当に大変です。会社を一度選んでくれた人・働いてくれている人を大切にして辞めないようにするのが、一番シンプルで良い方法だと思います。

経営者と従業員の話を伺って、歩み寄りの地点を探して溝を埋めることは、私自身が職員を大切に思い、工夫を重ねて事務所経営をしているからこそできることだと思っています。






Q そういったサポートもされているのですね。事務所として、力を入れている取り組みはありますか?


融資と経営革新等支援機関の業務に力を入れています。
お客様は、新設法人も多く、融資の話と補助金の話をすることが多いです。

経営革新等支援機関の認定を受けておくことで、補助金や融資を受けるときに加点や優遇があったり、税額控除があったりとお客様にとってメリットがあります。私自身、開業して4年なので、若いお客様の気持ちがよく分かります。そういったお客様をもっとサポートできるように、力を入れています。





Q MyKomonでお役に立てている部分はありますか?


グループウェアの進捗管理表や日報を使っています。
やるべきことが明確化され、職員が自分で業務管理できるようになったと思います。

当たり前のことを丁寧にミスなく行える状況になり、助かっています。





Q 最後にご覧になっている経営者の皆様に一言お願いします。


本来やるべき本業に安心して集中していただけるよう、付随する会計まわりの業務はしっかりサポートさせていただきます。

私自身、開業して4年ですが、社長業って面白くてワクワクする反面、すごく多忙で不安な部分も多いと実感しています。私は、会計を中心に役立てる部分で不安を取り除き、皆様に安心を提供させていただきたいです。

これからの激動の時代、知識と情報を常に更新して、一緒に100年企業を目指しましょう!






クロスト税理士法人

https://crosst-tax.jp/


田代先生、ありがとうございました!

2019.07
※本インタビューページの内容は、公開日時点での情報となっております。

会計事務所インタビュー一覧へ戻る