トップページ サイトマップ 会計事務所の方はコチラヘ
経営者・事業主の声会計事務所の会について会計事務所検索お役立ち情報お問い合わせ・申込み











会計事務所インタビュー一覧へ戻る
税理士法人はやぶさ  杉浦文彦 氏・福岡裕次 氏
兵庫県神戸市

赤字企業は黒字企業に!黒字企業は優良企業に!経営者の『夢と志』の実現をサポートしたいと考えておられる税理士法人はやぶさ。今回は、そんな経営者様に対する熱い想い、仕事に対する真摯な姿勢を杉浦先生と福岡先生にお伺いしました。

        インタビュアー:森田貴大




Q 税理士法人はやぶさという名前に込められた思いを教えてください。


杉浦先生:
この名前は探査機『はやぶさ』が由来となっています。探査機『はやぶさ』は数々の難局に遭遇しながらもそれを乗り越え、ミッションを果たしました。法人化の構想を練りながら『はやぶさ』の運の強さ、一瞬のチャンスをものにする勝負強さにイメージを重ねていきました。先例なき時代に立つ今、税理士として新たなビジネスモデルの構築にチャレンジしていきたいと願い『税理士法人はやぶさ』という名前にしました。つまりは、航路から外れたとしてもまた航路に戻る粘り強さ、あきらめないという想いが込められています。





Q お客様の発展だけではなく、お互いを高めあうというのは素晴らしいですね。お客様と接する際にどういったことを心掛けておられますか?


杉浦先生:
私たちの事務所が強みにしているのは組織再編、相続、事業承継などの案件ですが、その基礎には月次の監査、決算の申告があります。なので、私たちは月次決算にも力を入れています。単なる試算表の提示ではなく、できるだけ早く月次決算を組み、いち早く経営者に現状を知っていただくことを意識しています。また、グラフなどを用いていろんな角度から会社の業績を知っていただく工夫をしています。それによって、経営者が自信をもって経営に取り組んでいただけるように心掛けています。

福岡先生:
私たちの行動指針にもあるのですが、お困りごとを意識してトータルにサポートすることを心掛けています。大企業は業務が細分化され自分の役割が決められている場合が多いですが、中小企業は会社の中を幅広く見ていかないといけません。幅広い視点を持ってサポートしてゆきたいと思います。中小企業向けの税理士としてそれが大事なことだと思っています。いろいろな悩みを聞かせていただいて、私たちが対応できることなら私たちが前に出ていきますし、税理士では対応できない悩みでしたら社労士さんや弁護士さんも巻き込んでサポートしていきたいと思っています。






Q お客様に対する先生方の熱い思いが伝わってきました。お仕事をされている中で、やりがいを感じる瞬間を教えてください。


杉浦先生:
駆け出しの税理士だった頃、『会社って税理士さんによって良くなったり悪くなったりするよね』と言われたことがあります。最初は、『そんな責任重いかなぁ?』と思っていましたが、今ではかかわる税理士によって会社は違ってくると実際に感じるようになってきました。つまり、自分たち税理士は会社の発展・成長に大きく貢献できると思うようになりました。私たちは数字の専門家なので業績などを数値化することができます。経営者の方が漠然と抱えている悩みを数値化することによって悩みを明確にできます。資金繰りの改善サポートができます。将来負担しないといけない税金の負担を軽減できるかもしれません。
個人・法人を含めてこのような改善のサポートができることにやりがいを感じています。

福岡先生:
経営者の方が困っているときに、自分たちが関与することで良い方向にガラッと変わる瞬間があるんです。その瞬間に立ち会えることが私の喜びであり、やりがいです。





Q MyKomonは事務所の役に立てていますでしょうか?


杉浦先生:
フォーラムを見て他の事務所の事例などを参考にしています。様々な見解を参考することでお客様へ的確な情報提供ができています。その他にもスケジュール管理、ToDo管理、楽しい給与計算などを使っており事務負担が減りました。その分、お客様と関わる時間に余裕を持ってとることができています。

福岡先生:
MyKomonを活用し始めてから、手書きのスケジュール帳を使わなくなりました。MyKomonのグループウェアは他の人のスケジュールも見ることができるので、訪問先でもスムーズに次回の訪問予定を立てることができ、非常に便利です。





Q ありがとうございます。それでは最後に、経営者の皆さんに一言お願いします。


杉浦先生:
経営者の悩み事は多岐に渡りますが、その悩みのトップ3に関われるような存在でいたいと考えています。“税理士だから会計や税金のことだけ”ではなく、正解は出せないかもしれませんが、広い範囲で悩みを解決するお手伝いができればと思います。経営者はお一人ではありません。私たちは経営者の横に立ってサポートをしていきますので、頼りにしていただきたいです。また、月次決算を大切にして、それを活かしてほしいと思っています。活かすためにはどうしたら良いのか、もし毎月の会社の状況がわからない、経営に活かせていないと迷っておられる方はサポートさせていただきます。

福岡先生:
これからのことについて、経営者の方とお話をしてゆきたいと思います。
月次決算の報告をする時点で、報告対象の月は1か月前になっています。だからと言って過去を振り返ることに意味がないわけではなく、月次決算をしっかり確認することで過去の自分たちの成果や行動を振り返ることができると思っています。結果と原因がわかれば、現在の状況をより良い方向に軌道修正することも可能です。
私たちも、経営者の方と一緒に月次決算を確認することで今を正しく理解できます。そうすることで初めて、効果的に未来の話ができると考えています。現実を押さえる上で月次決算は大切です。過去や現在を月次決算の報告の場で共有させて頂いたうえ、未来もトータルにサポートさせていただきます。





税理士法人はやぶさ

http://www.z-hayabusa.or.jp/


杉浦先生、福岡先生、ありがとうございました。

2019.03
※本インタビューページの内容は、公開日時点での情報となっております。

会計事務所インタビュー一覧へ戻る