トップページ サイトマップ 会計事務所の方はコチラヘ
経営者・事業主の声会計事務所の会について会計事務所検索お役立ち情報お問い合わせ・申込み
<< 戻る


タイトル 医療費控除/医療用器具等/おむつ
文書ナンバー No.1012208
大分類 A.会計・税務
中分類 A09.医療費控除
本文
医療費控除/医療用器具等/おむつ

------------------------------------------------------------
[相談]

 母は病気により寝たきりとなってしまいました。
寝たきりのため排泄がうまくできず、オムツを使用しています。
このオムツ代金は、医療費控除の対象となりますか?
------------------------------------------------------------

[回答]

 対象となります。

[解説]

 傷病によりおおむね6ヶ月以上にわたり寝たきりであり、かつ、
医師の治療を受けている人のおむつ代は、医師による治療を受ける
ため直接必要な費用となりますので、医療費控除の対象となります。

ただし、おむつ代であったとしても寝たきりではないが排泄がうま
くできない人用(幼児・大人を問わず)おむつについては、医療費
控除の対象とはなりません。

また、このおむつ代について医療費控除の対象とするためには、次
の書類を確定申告に添付しなければなりません。
 (1) 医師が発行した「おむつ使用証明書」(注)
 (2) おむつ代の領収書

(注)
 上記(1)の書類については、平成14年分以降より、次の取り扱い
が追加されています。
 公的介護保険の保険給付対象者(40才以上)のうち、おむつ代に
ついて医療費控除を受けるのが2年目以降である者については、
(1)に代えて次のいずれかの書類により、寝たきり状態にあること、
及び尿失禁の発生可能性があることが確認できれば、医療費控除と
して認められます。
 (1) 市町村が介護保険法(平成9年法律第123号)に基づく
   要介護認定に係る主治医意見書の内容を確認した書類
 (2) 主治医意見書の写し  



当レポートをご利用されても、その意思決定においては
必ず関与税理士、顧問弁護士などの専門家にご相談ください。


当サイトに掲載されている情報・写真・図表・システム等の
無断転載は一切禁止します。