トップページ サイトマップ 会計事務所の方はコチラヘ
経営者・事業主の声会計事務所の会について会計事務所検索お役立ち情報お問い合わせ・申込み











会計事務所インタビュー一覧へ戻る
税理士法人山下会計事務所  山下重樹 氏
兵庫県たつの市

25年前からパソコンを導入し、顧問先様と共に電子化やペーパーレスの取り組みを徹底されている兵庫県たつの市の税理士法人山下会計事務所。「困ったときに思い出してもらえる、良き相談相手、パートナーでありたい」と心から望み、そのための努力や工夫を続けておられる二代目所長の山下重樹先生にお話をお伺いしました。

        インタビュアー:水谷真紀子







Q まずは先生のことをお聞かせいただけますか?
会計士であり、税理士を目指したきっかけはどのようなことだったのでしょうか?



どういう仕事かをよく知ったうえで目指したというよりは、会長である父を越えたい、その一つというところから公認会計士の資格取得を目指していました。

そんな中、大学3年の時に所属していたボクシング部のキャプテンの打診を受け、応えるためにも「1年間で資格取得して戻ります」と約束し、本格的に勉強を始めました。

その後は、時間の制約もでき、ただただ必死で資格取得のために勉強しました。結局1年では戻れず、2年かかってしまいましたが何とか資格取得して、仕事を始めました。

監査法人では大手の流れを把握するような仕事に携わることが多く、とても刺激を受けながら仕事をしていました。ただ、「家業に戻ったら役にたつかな」とどこかで意識していたように思います。

また、人脈は大切だということも意識しながら仕事をしていました。そのおかげで、今いい人脈が築けていると思います。


山下重樹先生




Q 実際仕事を始められて、幼いころのお父様のお姿やイメージと異なる部分はありましたか?


自身がなる前には、税理士とは税務の専門家ではないお客様のサポートをするというイメージでした。
今は、トータルでお客様をサポートしなければいけない。税務のみではなく、経営課題に対し何かしらのご提案をし、サポートさせていただくという思いが強いです。
トータルの中身は、パソコン・ネットワーク・事務機器等経理業務にかかわる部分から、資金繰りの改善のための支援、経営改善計画策定と実行のサポートなどですが、うちでは、会長が開業当初からずっと取り組んでいたので、私が入所した当初から整っていました。





Q そんな事務所に入られて大変でしたね?


事務所に入った当初は、便所掃除から入りました。所長から「お前がやれよ」と言われて半年ほどやっていました。席も末席で、先輩たちに教えを請いながら、仕事を進めていました。大変なこともありましたが、今ではありがたい機会をもらったなと思います。
他の職員との関係も、それがあったからこそだと今は思います。





Q どんな税理士を目指されていますか?


どんな税理士というよりは、事務所をどうしたいかという思いが強いので。
困ったら山下会計を思い浮かべていただけるような事務所にしたいですね。「山下会計でよかったわ〜」と言っていただけるようにしたいと常に思っています。






Q 現時点で、「よかったわ〜」というお声をきける機会はありますか?


最近、お客様へインタビューをして、事務所への思いを聞かせていただきました。

その声の中には、

「金融機関との交渉にも同行してもらって、
 資金繰りが厳しい時に乗り越えられてほんとありがたかった」

「25年前に当時50万円ほどもしたパソコンを導入したけど、
 おかげで業務改善もできたし、
 今新しいものにも取り組む姿勢が持てている。
 あの時やってよかった。」

「気軽に相談に乗ってもらえるし、
 業種のことを細かく把握してくれているから助かっています」

「何もない年一回、書類出して終わりという先生もいたが、
 山下会計では、毎月様々な提案をしてもらえるのでありがたい」

という嬉しいお声から、

「厳しい環境のなかで、
 会計事務所にコンサルティングしてもらいたいと望んでいるが、
 今のところは、自分が望むほどはやってもらえているとは思えない。」

という厳しくありがたい意見もありました。





Q 毎月様々な提案すること、お客様に合わせたコンサルティングを進められるための工夫はされているんですか?


お客様のところから帰ってきたら、必ず報告を入力するようにしています。そこに細かく分野ごとの相談事を書いてもらっています。

その内容をきちんと把握し、所内もしくは他士業やコンサルタントとネットワークを組んで一つ一つのお客様に合わせた対応をさらに極めていきたいと思い、動いています。

これからさらに、税や会計という一部分ではなく、会社経営、社長、従業員様の事など全てを含んだお客様が望むことを解決していきたいとネットワークを組んで寄り添って解決していける力を強めていきたいと考えています。

今まで、インフラの整備を所内だけではなくお客様と一緒に進めてきたことが財産なので、これからもそういう姿勢、体制を意識していきたいですね。





Q 会計事務所とお客様とのつながりが”顧問契約”になっていくんですね。


そうですね。一社一社と深い関係性を大切にしていきたいですね。

経営的なところでいくと、お客様はいろいろなところからの情報が入ってくるようで、その中には、山下会計より安い顧問料で“この料金でできます”というところもあるそうです。




Q お客様から「(安い広告をみて)うちの顧問料と違うけど、差は何なの?」ということを言われることもあるんでしょうか?


現時点では、そういうお話はほとんどないです。もしそういうことがあれば、作成してあるサービス一覧を見ていただきながら、担当者が説明していると思います。

ただ、それを言われているようではいけないと思います。そういうお言葉が出てくる時点で思っているサービスを提供できていないことだと思うので。



Q 他にお客様との関係の中で気づいたことはありますか?


会長がつくってきたインフラには本当に助けられていると日々感じています。今は、いい人材と情報が連携できる仕組みとなっています。

もしなかったら今のように前向きに仕事ができていなかったかもしれません。ペーパーレス、電子化によって、過去のお客様の情報をすべて確認できます。途中から入った者としては、お客様の雰囲気などもわかりますし、比較的早い段階でよい関係も築けたのではないかと思っています。






Q いい人材というお話も出てきましたが、所内のことを聞かせていただけますか?


礼儀作法はきっちりしていると思います。ただオンオフの切り替えもしっかりし、遊ぶときは遊ぶという時間を共有できています。なんでも相談できる関係も築けているので、本当にいろいろなことを相談してくれます。

福利厚生の一環で5年に一度フルマラソンにチャレンジしています。去年はちょっと長めの55km走ってきました。ゴルフなども一緒にしたりして、職員同士がいい距離感で話ができる関係で雰囲気が良いですね。みんなで同じ方向を向けていますし。






Q みんなで事務所としての方向性を共有する取り組みはされているんですか?


大きくいえば、年始に全社員で年頭初感を発表し、あとは毎月2回の会議、週一回業務改善会議を行って、ことあるごとにみんなで意見を出し合うようにしていますね。今後は、組織を創っていきたいと考えています。





Q 重樹先生が意識されている所内での活動はありますか?


各職員が考えて判断できるように自信をもってもらうための働きかけを意識しています。もともと込み入った相談事はトップが調べてお客様へ連絡するということが多かったのですが、少しずつ担当者に任せていくようにしています。





Q やっぱりキーワードは「任せる」なんですね。


そうですね。「権限委譲は最大の教育」と言いますもんね。
ただ、きちんとチェックはしなければいけないと思っています。





Q 職員様がお客様と向き合うことにできる限り集中できるように何か働き方の工夫や見直しはされているのですか?


1社1担当制から一部分業制(補助者)を取り入れて、できる限り担当者がお客様と向き合う時間をとるようにしています。

そのためにもできるだけ業務の見える化を意識しています。
MyKomonのスケジューラで予定も実績も業務登録して、担当者も補助者も業務をいつでも共有出来るようにしています。また外に出ているメンバーはタブレットを持って出て、待ち時間や隙間時間を有効に使える工夫もしています。





Q 最後にご覧になっている経営者の皆様へ一言お願いします。


経営環境が厳しい中で、良き相談相手、パートナーになれるような会計事務所を心から目指し、そのための努力は毎日しています。
困ったときに隣にいてサポートし、深いお付き合いをしていきたいという思いでやっております。

 

税理士法人山下会計事務所
http://www.heart-y.com/


山下重樹先生、本当にありがとうございました!

2017.11
※本インタビューページの内容は、公開日時点での情報となっております。

会計事務所インタビュー一覧へ戻る