トップページ サイトマップ 会計事務所の方はコチラヘ
経営者・事業主の声会計事務所の会について会計事務所検索お役立ち情報お問い合わせ・申込み











会計事務所インタビュー一覧へ戻る
税理士事務所bestBALANCE 代表 藤川 剛士 氏
福岡県福岡市中央区

大手会計事務所勤務を経て、独立開業してから半年。元営業職から、なぜ税理士になったのか、そして独立の道を選んだのか。お会いする度に益々パワーアップされている藤川先生にインタビューしてきました。

        インタビュアー:平川 五月




Q 
元営業マンとして活躍していた藤川先生。「税理士」に関心を持ったきっかけは何だったのでしょうか?


 きっかけは、経営者にとって本当の意味で支援ができる、やりがいのある仕事だと気づかされたことです。

 前職の営業では、まず商品を通じて価値を感じてもらい購入いただく、というステップを踏みますが、これは前提として、お客様ご自身の目標や課題があるからこそ見出すことができるものだと思います。

 しかし、当時多くのお客様に携わる中で強く感じたことは、私の想像をはるかに超える幅広い悩みをお持ちでいること、でした。この事実を知ったとき、会社経営のことだけではなく、お客様の「もっとより良くしたい」という想いに向き合い、その気持ちに応えていきたい、ご支援していきたい、と強く思いました。

 それから、税理士という仕事に興味を持つようになりました。さらに当時のお取引先様に依頼し、顧問税理士と直接お会いする機会をいただく中で、リアルな声をお聞きし、より一層税理士になる、という気持ちが明確になったように思います。





Q では、長く大手会計事務所でのご経験もある中で、独立に至った経緯や決意を教えていただけますか。


 シンプルに、「お客様の気持ちに応えたい」という強い想いからです。私は税理士を目指すと同時に、独立することも決意していました。その上で、ありがたいことに前事務所では多くの学びをいただき、お世話になった先輩からは「未来会計」を教わりました。この「未来会計」は、現在も強くこだわりを持って経営に務めています。

<「未来会計」とは、会社ごとの取引実績(発生分)を取扱うばかりでなく、会社の目標達成や課題解決などの「未来」に向けた支援を行うこと>





Q 
「未来会計」は、藤川先生の武器であるという印象を持っています。ここに強くこだわる理由についてぜひ教えてください。


 私は今経営者となり、意思決定を行う権限を持つことの"自由度の広さ"、また"面白さ"を感じています。しかし一方で、抱える責任や不安もたくさんあります。これらは、私たちのお客様である経営者の方々も同じだと思います。

 そのようなお客様が抱える責任や不安を解消するために必要なものは、「未来会計」だと私は思います。なぜなら、私自身がその良さを実感しているからです。

 独立する背景には、経営者様の想いが必ず存在します。しかし、経営を続けていると、時に現状ばかりに目を奪われ、大切なことを見失うこともあるのではないでしょうか。私はありました。

 だからこそ、お客様のやりたいことや、目標を明確にし、実現するためのお手伝いがしたい、と私は思います。現状と理想のギャップを埋めていく…、そのためには、未来を一緒に語ることができる存在であり続けることが重要だと感じています。結果、お客様の"もやっとした不安"を一緒に解消していければ嬉しい限りですね。





Q ご自身が価値を感じているからこそ、お客様にも提供したいというその想いは、本当に確かなもので、素晴らしいことだと思います。「bestBALANCE」という事務所名にも、その想いや意味が込められているのでしょうか?


 はい、その通りです。お客様の状態をより良くしたい、という想いを込めています。また、「B」は「∞(無限大)」の意味も込めており、お客様との無限のお付き合い、と掛けています。






Q 事務所名にも素敵な想いが詰まっているのですね。では、藤川先生にとって「税理士」というお仕事はどんなものですか?


 「サービス業」であり、お客様にとっての「パートナー」でもあると捉えています。 どうしても税理士と聞くと、敷居が高い印象を与えてしまいがちですが、根本は「サービス業」だと思います。お客様には、私の仕事に対して対価を頂戴しているわけです。なので「先生」ではなく、名前で呼び合う方が私には合っていますから、そうお願いしています。






Q 藤川先生のお人柄が伺えます。ちなみに藤川先生から見て、お客様にはどのようにご自身が映っていると思いますか?


 その視点ですと、「その道(税金関連)のプロ」として認識いただいていると思います。融資のアドバイスなどにおいても、専門家として頼っていただく存在ですからね。

 ただ前途でお話ししたように敷居は低くありたいので、近い距離感でありながらもプロの仕事を実施することが、私の役割だと強く感じています。その実現のためには、それぞれのバランスが重要だと思うのですが、何よりもお客様の本音がお聞きでき、お互いに伝え合うことができる関係づくりこそが一番重要なことだと思うので、フットワークの軽い身近な「パートナー」として、努めていきたい、これに尽きます。






Q 身近であり、かつプロフェッショナルでもある存在は、きっとお客様にとって信頼できる本当のパートナーだと私も思います。 では、常に新しいことへ積極的に取り組まれていますが、そのパワーの源は何ですか?


 目標があることが非常に大きいと思いますよ。自事務所の未来図も「未来会計」を基に描いています。目標に対して今何をやるべきか、という落とし込みができているので、自分自身のタスクがあるわけです。これらを一つ一つクリアにすることが、まずは重要ですからね。

 とはいっても時代の流れや影響は無視できないので、本当に今必要か、というアンテナは張り続けています。取り組んでいきたいことや、自身のタスクが明確にあることが、結果パワーがある、と評価いただくことにつながっているのかもしれませんね。





Q 
仕事に取組む姿勢についても学ばせていただきました。ありがとうございます。  最後に、経営者の方へ一言お願いします。


 皆さまと私たち税理士は、「パートナー」だと私は思います。何でも相談し合える関係がそこにはあると信じています。その上で2つだけ私は強く思い、願っています。

 「不安や悩みは税理士になんでも相談してください。二人三脚で解決していきましょう!」
 「皆さまにとっての目標や夢への実現に向けて、一緒に未来を創っていきましょう!」

 繰り返しですが、税理士は皆さまのパートナーです。私に限らず、税理士という存在を上手に活かしていっていただきたいと思います。


税理士事務所bestBALANCE
http://www.tax-bestbalance.com/



藤川先生、本当にありがとうございました!

2017.2
※本インタビューページの内容は、公開日時点での情報となっております。

会計事務所インタビュー一覧へ戻る