トップページ サイトマップ 会計事務所の方はコチラヘ
経営者・事業主の声会計事務所の会について会計事務所検索お役立ち情報お問い合わせ・申込み











会計事務所インタビュー一覧へ戻る
税理士法人ファーサイト 代表 伊香賀 照宏 氏・米津 良治 氏
東京都千代田区

先代の事務所を承継しつつ、過去の手法に囚われずに、常に最新のツールにアンテナを張り続ける先進的な会計事務所、 税理士法人ファーサイトを牽引する伊香賀照宏先生・米津良治先生にお話を伺いました。

        インタビュアー:今泉 雄也




Q 
まずは税理士法人ファーサイトの簡単な沿革を教えて頂けますか?


 30年ほど前に父親が開業した個人事務所が始まりです。4年ほど前に父が引退し、そのタイミングで私がこの事務所に入りました。 その後、中学・高校時代の同級生である米津先生を始めとした新たなスタッフが加わり、2年前に法人成りして、今に至ります。


左:伊香賀先生  右:米津先生




Q 事務所を引き継いだのですね。以前からのスタッフやお客様を引継ぎながら、事務所を経営されていらっしゃいますが、 事務所で意識していることはどのようなことでしょうか?


 会計事務所は昔の習慣から、「見て盗め」という職人気質の教育方針が多いように思えます。 実際に私の事務所でも、引き継いですぐはそのような雰囲気がありました。 他の会計事務所から転職してきたスタッフにも、その経験があったようで、非効率なやり方をしていました。 効率の良し悪しを考えず、「今までやってきた常識だから」と指導されていたようです。

 自分のやり方と違うことをしているからといって盲目的に指導することを、私たちは「無意味な批判」と呼んでおり、 私達は無意味な批判をしないようにと、常に心がけています。この心がけが今の事務所の雰囲気に繋がったのだと思います。

 実は私(伊香賀先生)も米津先生も、もともと別の仕事をしておりましたので、会計事務所の経験がほとんど無いところ からスタートしました。ですので、今までの常識に対して素直に疑問を持てる環境を作れたと感じています。





Q 
クラウド会計の書籍を出版されたりと、積極的にITツールをご活用されていらっしゃるようですが、 クラウド会計をどのような位置づけでお考えでしょうか。


 後ろ向きに見れば、私達がやってきた業務がITに置き換わってしまうという捉え方になります。 しかし、私たちは逆に、その部分を機械に任せられる時代になってきたのだと考えています。 もちろん、不完全な部分も残っていますので、完全に任せられるわけではないですが、作業面を担ってくれる アルバイトを月額数千円で採用するという意識で利用しています。

 クラウド会計が作ってくれた試算表や帳簿から何かを読み取って、お客様とじっくり対話し、 より良い未来のためには何が必要なのかを一緒に考える、そんな時間が作れるようになりつつあります。

 ですから、スタッフには、お客様のより良い未来のために何ができるかに意識を向けて欲しいと思っています。 お客様のほうを向いて仕事をするには、多くの知識や発想を必要としますが、それを組織内で情報共有し、 一人でも多くの「お客様から必要とされるスタッフ」を輩出したいと考えています。

 クラウド会計を導入したからといって、急にそこまでできるわけではないですが、時間を割く事ができる 環境になってきたことは非常に大きい変化かと考えています。





Q MyKomonやクラウド会計などのITツールを駆使し、業務効率化を行った先にある未来像はどのような姿でしょうか?


 一言で言えば、企業の参謀役になることだと考えております。 お客様と向き合う時間を増やし、スタッフ一人ひとりがお客様に寄り添って伴走する姿を目標にしています。 ご提案をするだけでなく、それがうまく進んでいるのか、どうすれば目標に近づくかを、経営者とともに悩み、 より良い経営ができるようにサポートする事で、それぞれのスタッフがお客様からの信頼を集めるようになります。 個々の能力向上・信頼構築を経て、「税理士法人ファーサイト」をもっと成長させたいと願っています。






Q お話をお聞きしていると、スタッフの方にも付加価値の高い仕事をして貰いたいという思いが伝わります。 スタッフの採用や育成についてのお考えをお聞かせいただけますか。


 私たちの事務所は、業界未経験者の採用も多く、一から教えることも多いのですが、 未経験者が躓くポイントが把握できるので、育成の面でもノウハウの蓄積ができてきていると思います。 既存のやり方に囚われず柔軟な発想をしてくれるので、無意味な批判をせず、常により良いやり方を模索できています。

 実際に、最近2名の採用をしましたが、想定していたよりも遥かに早いスピードで成長してくれています。 仕訳や記帳などの基礎的な部分をマスターしてきているので、今後は試算表の読み方等を学んで頂き、お客様とのコミュニケーションを 図ってもらう予定です。5年・10年後には、それぞれがお客様から信頼されるスタッフとして、独立できるほどの能力を身につけていることが目標です。

 私の夢の一つは、OB・OG会を開くことです。独立や転職を経て更に成長したスタッフと会えることが、今から楽しみです。 巣立ったスタッフとも良い関係を継続していけるような、内部の信頼も厚い事務所を目指しています。






Q MyKomonをご利用いただいておりますが、どの部分がお役に立てておりますでしょうか?


 1番重宝しているのは、お客様との対応履歴を報告書データベースに残すことで、事務所のノウハウを蓄積していける点です。 経験の浅いスタッフにも安心して任せられますし、過去の対応履歴はスタッフに一番学んでほしい教材となりますので、 非常にありがたく活用しています。またその対応履歴の中で、コメント機能を使ったコミュニケーションを取ることで、外出が多い時期でもスタッフとの意思疎通を図ることができ、 社内のコミュニケーション不足の解消にも役に立っています。

 2つ目は、信頼できる情報を数多く取り揃えているので、お客様からご相談を頂いた際、ご提案を差し上げる際に重宝しています。 事務所内向けの各種書式やチェックリストも、1から作る手間が大幅に削減できるので、ありがたく使わせていただいております。

 3つ目として、弊社はクラウド会計を推奨しているものの、以前からのお客様のフローを無理やり変えることも難しいので、そういった先の記帳入力については、 会計処理センターを利用して内部の効率化を図っています。お客様に対してより多く時間を割くためにも、今後も活用したいですね。






Q ありがとうございました。最後に経営者の皆様に一言お願いできますでしょうか。


 お金は、コツコツと溜めた「信頼」が形を変えたものだと、最近強く感じるようになりました。 これはどのような業種でも当てはまるかと思います。 お客様、従業員の信頼を集めることは、組織の成長・拡大には欠かせないことです。私達も、企業の良き参謀役として信頼されるよう、今後とも精進してまいります。



税理士法人ファーサイト
http://farsight.co.jp/



伊香賀先生・米津先生、本当にありがとうございました!

2017.3
※本インタビューページの内容は、公開日時点での情報となっております。

会計事務所インタビュー一覧へ戻る