トップページ サイトマップ 会計事務所の方はコチラヘ
経営者・事業主の声会計事務所の会について会計事務所検索お役立ち情報お問い合わせ・申込み











会計事務所インタビュー一覧へ戻る
田村仁延税理士事務所 代表 田村仁延 氏
大阪府高槻市

「最良のパートナーとしてお客様の夢実現を全力でサポートします!」 という経営理念の通り、お客様のことを第一に考え、誠実にお客様と向き合っている田村先生。 今回は、そんな田村先生にお客様への想いや事務所の強みを伺ってきました。

        インタビュアー:中山 由貴




Q 
田村先生が税理士を目指したきっかけを教えてください。


 大学時代に税理士の方とお話をしたのがきっかけですね。 その頃、父が勤めていた会社の関係で税理士の方とお話する機会がありました。その方は世の中に対する知識が深くて、物事を立体的に見ていたんです。 お話を聞き、何でも知っていてスゴイ人だなと感動したのが、税理士を目指したきっかけです。


田村先生




Q 大学卒業後、一般企業にお勤めされたのですね。会計業界へ転職しようと思ったのはどうしてですか?


 大学時代に簿記を勉強していたので、総務部(経理)を希望して入社しました。 しかし、総務部には配属されず、税理士への憧れを捨てきれなかったので、会計業界への転職を決意しました。

 今となっては、一般企業に一度就職したことが、1つの経験として活きています。





Q 
熱い想いを抱いて会計業界に転職なさったんですね。そんな田村先生の経営理念を教えてください。


 名刺にも記載している通り、「最良のパートナーとしてお客様の夢実現を全力でサポートします!」というのが経営理念です。 お客様と家族を幸せにしたいと思っています。





Q 素敵な経営理念ですね。その経営理念に基づいてサービスを提供していく中で、特に気をつけていることは何ですか?


 お話をしている最中、お話が終わった後、常にお客様が笑顔でいられるように心がけています。 また、お客様が安心して色々なことを話してくださるように話しやすい雰囲気作りを意識しています。






Q 独立されてから1年余りが経ち、勤務時代のどのような部分が活かせていると思いますか?


 マーケティングやコンサルのスキルですね。 私が勤務した事務所の所長先生は、通常の会計業務だけでなくマーケティングやコンサルにとても長けた方でした。 そんな所長先生の下で約20年間勤めたので、通常の会計業務以外のことも勉強できたと思います。

  約20年間の中で身についたスキルは、現在、事務所の運営だけでなく、お客様の相談にのる際に活きています。






Q 他に事務所としての強みはありますでしょうか?


 お客様第一主義によるスピード対応です。 例外を除き、できるだけその場で回答するなど、レスポンスを早くすることを心がけています。 やはり、この経験が活きていると思います。

 特に、お客様から連絡があれば早急に伺い、時間は可能な限りお客様に合わせます。 「お客様のかゆいところに手が届く」のが強みですね。






Q お客様を一番に考えることが強みになっているんですね。 では、事務所の目標や田村先生が目指す税理士像はどのようなものでしょうか?


 お客様を第一優先に考え、いつまでもお客様のかゆいところに手が届くサービスを提供していきたいですね。 お悩みを打ち明けてくださった経営者の方が自分の思っていることやしたいことが見えてきた、と仰ると嬉しいです。

 そして、"よろず相談所"のように、税務のみならず、生活全般を含め、困っている経営者の方々から色々な悩みを相談していただける関係を築きたいと思っています。

      






Q 熱い想いを聞かせていただき、ありがとうございます。 そんな中で弊社のMyKomonがお役に立てているものはありますでしょうか?


 お客様のところへ伺う時に、ニュースレターを持参して話のネタとして活用しています。

 また、MyKomonは税務だけでなく労務などの旬な情報も掲載しているのでブログを書く時に参考にしています。

 それから、お客様に楽しい給与計算も提供しています。

      






Q 嬉しいお言葉ありがとうございます。 最後にご覧になっている経営者の皆様へ一言お願いします。


 「何だか考えが煮詰まっていて人に話したい」「話を聞いてくれる人がほしい」そんなときは是非お声かけください。 税務に関するお悩みに限らず、様々なお悩みを私が交通整理させていただきます。

 一人で抱え込まず、何でも打ち明けてください。



田村仁延税理士事務所
https://www.jin-tax.com/



田村先生、本当にありがとうございました!

2017.4
※本インタビューページの内容は、公開日時点での情報となっております。

会計事務所インタビュー一覧へ戻る