トップページ サイトマップ 会計事務所の方はコチラヘ
経営者・事業主の声会計事務所の会について会計事務所検索お役立ち情報お問い合わせ・申込み











会計事務所インタビュー一覧へ戻る
税理士法人アイユーコンサルティング 代表社員 岩永 悠 氏
福岡県福岡市

開業から3年、常に成長を続けている税理士法人アイユーコンサルティング。 代表である岩永先生に事務所やお客様に対する想いをお聞きしました。

        インタビュアー:松田 沙耶香




Q 
岩永先生が"税理士"になったきっかけを教えてください。


 実は、私は元々税理士ではなく『経営者』を目指していました。

 大学まではずっと「経営者になるために」という考えで動いていましたね。
 税理士を初めて意識したのは大学2年生の時で、それまでは大学で経済・商業の勉強をしていれば、経営者になるための何かしらが得られると思っていたのですが、実際には決定的なものを得られているという実感が無く、「これはやばいぞ」と危機感を感じていました。そこから、「ではどうしよう」と思った時に「知識を売ろう」という考えのもと、資格をとろうと行動したのが最初のきっかけですね。

 その時点でも弁護士、会計士、税理士でまだ迷っていたのですが、自分自身が数字に強かったことと、独立という観点から税理士を目指すことにしました。 当時は「経営者」になるための手段として税理士という職業を選びました。





Q 「経営者」になるために選択された税理士業ですが、今やりがいを感じているところはありますか?


 最近良く思うのですが、一般的な業界は勝者と敗者が存在している中、われわれ税理士業界は、Win-Winの関係が成り立つ素晴らしい仕事だと感じています。

 顧問先は勿論のこと、顧問先と関係のある金融機関・不動産・保険業界の方ともそれが成り立ち、目の前の人が誰も傷つかずに皆が勝者になれる・・・今は税理士になって本当に良かったと思っています。

 また、個人的にやりがいや楽しさを感じるのは、経営者の方と一緒に事業展開を考え、皆で協力した結果、企業が成長できた時です。そのためには会社が「戦略的にどう投資していくか」という先行投資が大切になってくるのですが、その部分が得意ではない経営者の方が多いので、話をしながら今後の展開について一緒に落とし込んでいくようにしていますね。企業が成長することでは誰も傷つきませんし、むしろ新たな雇用もうまれてきますから、より多くの人とWin-Winの関係になっていけると考えています。





Q 
常にお客様の事を考え、一緒に成長を目指されていらっしゃるのですね。では、そんな先生が考える事務所のモットーがあれば教えてください。


 まだモットーや理念という明確なものはないのですが、事務所のスタッフには『常にクライアントのことを考える』ことを意識するように伝えています。クライアントファーストは当たり前のこととして、日々学び、遊び、仕事をしている中で、常にクライアントのことを意識することで、様々なことに対してアンテナを張って感度を高く持てるようになって欲しいですね。

 例えば、Aという会社が良い商品を開発してネット通販をしたいと相談がされているとした時に、別の顧問先でネット環境について強いBという会社があるとしたら・・・そこを紹介することで相乗効果が生まれますよね?我々の業界はクライアントの中枢に関わることになるので、色々と詳しい話をお聞きすることが出来ます。よりクライアントに信頼して頂けるよう、税務以外でも良い話が出来る人間に成長していって欲しいですね。

 弊社では、月に1回の全体研修と、月2回税務通信やT&Aマスターといった業界紙の読み合わせを行っています。感度が高い人は考える力が強い、研修では情報をインプットし、それに対する自分の考えをアウトプットさせることで、『考える力』を養うようにしています。





Q お客様とお会いしていない中でも常にアンテナを張っているとのことですが、お客様に実際にお会いする際に心掛けていることはありますか?


 税理士が税務の話をすることは当たり前のことなので、税務以外のプラスアルファの話をすることですね。

 うちの事務所はクライアントには税理士が対応しており、税務的知識に関しては高度なものを提供させてもらっているので、その部分に関しては満足してもらっていると思いますが、それ以外の部分でも価値を感じてもらえるような話を持っていくことが大切だと感じています。なにより、10年前と比べて情報が早く、お客様の感度も高くなっているので、そこに対応できるだけの情報の引き出しを持つために、やはり感度高くアンテナを張ることが大切だと感じます。






Q 何よりもお客様に対しての価値が提供できるように意識されていらっしゃるのですね。そういったご方針が事務所成長の一因だとも思うのですが、今現在、岩永先生がお考えになる事務所の強みや特徴があれば教えてください。


 うちの事務所は税理士が複数名いますので、先ほど言ったように税務的知識に関しては高度なものを提供させてもらっています。

 事務所として強い分野は事業承継対策としての『組織再編』の活用ですね。組織再編は会社法を前提としているため、税理士が不得意の分野の1つでもあるので、経験やノウハウが大切になってきます。弊社には組織再編のプロフェッショナルが数名いますので、株式交換や会社分割、合併などは安心して任せていただけると思います。その他、相続や事業承継の案件も数多く任せてもらっています。





Q 
日々、様々な案件や業務を抱えていらっしゃいますが、MyKomonでお役にたてているツールはありますか?


 現在はグループウェア、マイトレ、フォーラム、相続財産シミュレーションを利用しています。

 グループウェアはスケジュール・進捗管理で所内の状況確認を行い、工数分析は四半期に一度のタイミングで生産性について振返りを行っています。
 マイトレは多岐にわたって幅広い情報が載っているので、毎月月間テストまで受けるようにしています。ときどき「そこまでの情報がいるのか?」と思うほど細かい問題もありますが、勉強になっていますね。
 フォーラムは組織再編、相続財産シミュレーションは週に2〜3件ある相続税資産の依頼で使わせてもらっていますね。





Q 
いつもご利用いただき、ありがとうございます。最後に、経営者の皆様にメッセージをお願い致します。


 皆様にはぜひパートナーとなるべき税理士とお付き合いしていただきたいです。良い税理士と契約をすることがひいては企業成長・節税につながりますので、自分にあった税理士を見つけ、共に成長していきましょう。


税理士法人アイユーコンサルティング
https://www.taxlawyer328.jp/



岩永先生、ありがとうございました!

2016.05

会計事務所インタビュー一覧へ戻る