トップページ サイトマップ 会計事務所の方はコチラヘ
経営者・事業主の声会計事務所の会について会計事務所検索お役立ち情報お問い合わせ・申込み











会計事務所インタビュー一覧へ戻る
小野英範税理士事務所 所長 小野 英範 氏
大分県日田市

『笑顔』を合言葉に、お客様の『未来』のために日々税理士業を営んでいる小野英範先生。 事務所としてのこだわりやお客様に対する想いを伺ってきました。

        インタビュアー:松田 沙耶香




Q 
税理士を目指されたきっかけを教えてください。


 元々は、高校時代の下宿先に税務署に勤務していた方がいらして、仲良くさせていただいている中で税務署の仕事に興味や関心を持ったのがきっかけです。高校卒業後に税務署の試験に合格し、税務の仕事に携わることになりました。

 税務職員から税理士になったきっかけとしては、先輩の税理士さんから一緒に仕事をしないかと誘われた頃、父が他界して祖父母の近くにいようと考えたからです。当時転勤族だった税務署勤務を退職し、地元近くの日田で税理士の道を歩むことになりました。





Q 税務職員から税理士として歩まれているわけですが、現在、どんな想い・やりがいを持っていらっしゃいますか?


 そうですね、元々税の仕事に携わっていましたので、多くの税理士さんと接する機会がありました。その中で税のスペシャリストであることは当たり前なのでしょうが、税を通じてお客様の会社が存続するために何ができるのかと考えていました。

 そして試行錯誤する中で、やはり、お客様の未来を少しでも支援できるようになることで、自分の存在意義や仕事のやりがいを持ちたいと考えるようになりました。





Q 
その想いが、事務所名にある「みらい経営センター」に込められているということでしょうか?


 はい。お客様の未来を支援して会社を存続させていくために私たちの仕事があると考えています。

 もう一つ想いを込めているものとしては、経営理念の「笑顔」です。サブタイトルは「笑顔の集まるところに繁栄と平和あり」です。毎日の朝礼でも唱和しているのですが、「私たちはどのような状況下にあろうとも笑顔で接しようではありませんか。そして私たちを選んでくださったお客様のために、何かできることがないか考え、すばやく行動しようではありませんか。今日も笑顔で頑張りましょう」という気持ちを持ち、お客様に接していくようにしています。楽しく、笑顔で仕事をすることが一番ですからね。ただ、勿論メリハリをつけていくようにしています。税法の適用や今後の経営に関するご提案など、お客様の会社を存続させていくために私どもがご協力していけることに関しては、しっかりとお話させていただきます。





Q 小野税理士事務所様の根幹に「笑顔」ということがあると言うことですね。その他、事務所としてのこだわりがあれば教えていただけますか?


 今のこだわりは、鮮度の高い情報をいかに早くお客様にご提供できるかということです。実際の業務に落とし込んで説明すると、私たちはお客様から頂いた情報を元に利益等の数値を算出していますが、決算前に今までの月次監査から導き出された数値と、決算時に未収・未払等の正確なデータが揃った時の確定決算書の数値が大幅にずれてしまわないように心がけ、一刻も早く月次決算書を報告するということです。月次の段階ではどうしても未収や未払、そして棚卸等が正しく計上できないケースが多く、11ヶ月目までは利益があったのに決算を組んでみたら赤字になったとか、反対に11ヶ月目までは赤字だったのに決算を組んでみたら黒字だったとか。こうした状態の月次決算書であれば毎月の月次報告書は何のためにあるのかという疑問を感じてしまうので、ここをどう処理していくかが重要になります。また、月次の段階では現状をいかに早く把握するかが大切だと感じており、月次の報告がお客様の未来判断に少しでもお役に立つようにしなければならないと常に意識しています。

 お客様への対応では、利益と資金が一致しないことの理由を説明し、如何に利益があろうとも「資金の増加がもっとも大切である」と言うことを念頭に、お客様に説明しています。売上も勿論大切ですが、これからの消費税率アップを考えると、粗利益率の確保・アップを支援していくことは、私どもの大変重要なテーマではないかと考えています。






Q ありがとうございます。今現在、事務所で力を注がれていることはありますか?


 先述のこだわりの部分にも関わってきますが、生産性と精度の向上です。また、今年10月のマイナンバーの導入を控えて、お客様情報の管理体制を整えていくことです。生産性と精度の向上は相反する部分でもあるのですが、双方を向上させていくことが生き残りへの道であり、いかにお客様に関わっていけるかという事が重要なポイントになると考えています。





Q 
こだわりの部分でもお聞かせいただきましたが、精度を上げてお客様に対して迅速に対応していきたいという先生のお気持ちがあらわれていますね。その中で、私どもがご提供させていただいているMyKomonシステムでお役に立てている部分はありますか?


 そうですね、今後はお客様との情報交換や資料のやりとりなどで活用の幅を広げて行きたいと考えています。

 現時点では、日々情報の収集、日程管理、社員間や管理者との報告、業務連絡、相談用としています。また、朝礼では毎日の朝礼担当からMyKomonからの新しい情報を発表することで自己研鑽をする場にしています。

 非常に使い勝手がよく、現場の声を十分に吸い上げた仕組みが出来ているなと感心しています。





Q 
もったいないお言葉ありがとうございます。今後も精一杯サポートさせていただきます。 それでは、最後に経営者の方にメッセージをお願いいたします。


 消費税率がアップした後の確定申告を終え、また毎月の法人税申告書を作成していく中で、消費税の納付税額の増加をひしひしと感じています。当たり前と言えば当たり前のことなのですが、消費税をしっかり転嫁するためにも従前にも増して、利益率の確保・向上が重要であると感じています。

 そして、やはり資金をいかにして確保していくかが事業を遂行していく上で一番重要なことだと痛感しています。当たり前のことなのですが、如何に利益が出ようともその額が資金の増加とは一致しない。むしろ利益ほどの資金が増加しないということの方が一般的であり、その点を十分にふまえて事業を進めていただきたいと考えています。

 売上を増加させることも大事ですが、それ以上に利益率を向上させることが一番大事であり、売り上げを落としても利益率をアップできれば回収額の減少や在庫減少により資金繰りも改善されるケースもあります。非常に厳しい経済状況ですが、自社のサービスや製品に磨きをかけて利益率アップを図っていただきたいと考えています。


小野英範税理士事務所
http://www.e-egao.biz/



小野先生、ありがとうございました!

2015.05

会計事務所インタビュー一覧へ戻る

 
Copyright 2004 E=CALL Corporation All Rights Reserved.