トップページ サイトマップ 会計事務所の方はコチラヘ
経営者・事業主の声会計事務所の会について会計事務所検索お役立ち情報お問い合わせ・申込み











会計事務所インタビュー一覧へ戻る
税理士法人大手前綜合事務所  小溝尚孝 氏・榎卓生 氏
大阪府大阪市

コンサルタント会社、人事労務のサポート会社とグループを形成し、お客様のさまざまなお悩みをワンストップで解決しようと取り組まれている税理士法人大手前綜合事務所。お客様の成長・発展を思う気持ちはもちろん、職員の成長にも注力されている小溝先生と榎先生にお話しを伺ってきました。

        インタビュアー:向坂 仁




Q まずは事務所についてお聞きしたいと思います。ホームページに「かかりつけ医をもつように、顧問税理士をもちませんか?」と書かれてあり、お客様との距離感をとても意識されているのだなと感じましたが、いかがでしょうか?


・榎先生
はい、意識しております。私たちは「先生業」ではなく「サービス業」として意識しておりますので、お客様が来られた際、そして帰られる際には職員が立って挨拶するようにしています。お客様には『ああ、気持ちいいね』と思っていただけるよう丁寧な対応を心がけています。

・小溝先生
私も以前、お客様先へ伺った際にワンフロア全員が立って挨拶をされて圧倒された、と同時に清々しく感じたという経験があり、立ち上がって挨拶というのはとても良いものだと思っています。一方で、距離感が近すぎるというわけではなく、ほどよい緊張感を保つことも大事なことだと意識しています。


榎先生・小溝先生




Q ほかに何かお客様と接する中で大事にされている点はありますか?


・小溝先生
やはりお客様に話の内容をご理解いただくことが一番ですので、専門用語を並べてご説明するようなことではなく、お客様目線を意識した受け答えを心がけていきたいと思っております。




Q 次に、事務所の理念についてお聞きします。理念である「Future」にはどのような想いが込められているのでしょうか?


・榎先生
はい、これは私が考えたもので、毎週月曜日に全員で唱和しています。実はほとんど私自身の反省からきていて、6つの頭文字に次のような想いを込めています。
まずは仕事が雑になったり、マンネリ化したりしないよう常にサービス品質を検証してお客様に満足を提供し、さらにお客様の成長に対応できるよう向上志向を忘れず新しい発想を大事にしたいという想い。また何歳になっても『ありがとう』、『ごめんなさい』の言える人はとても素晴らしいと思いますので、謙虚な気持ちを忘れないようにという想い。そしてお客様の成長発展を支えるのが私たちの基本姿勢ですし、そのお客様の問いかけをほったらかしにすることのないようスピーディに応えたいという想い。最後にお客様はとても悩んでいるなかで私たちを頼りにされていますので、プロとして真摯に問題に向き合いたいという想いを込めました。これらの理念に照らし明日への成長につなげるよう努力していきたいと日々思っています。

またこれらに共鳴してくれる方と一緒に働きたいと思っております。





Q 熱い想いをありがとうございます。仕事やお客様に対する想いがとても伝わってきました。向上志向という言葉も出てきて、かなり職員様の成長や学習にも力を入れられている印象を持ちましたが、いかがでしょうか?


・榎先生
そうですね、それぞれの状況に応じてメンバー一人一人が勉強していかなければいけないと思っています。税法も環境も日々変わっていきますし、何よりも間違ったらお客様に迷惑をかけますので、知識の仕入れは意識しています。また資格取得も奨励していてその体制も整えています。外部セミナーで学びたいことがあればどんどん受けに行くことも勧めています。またパートさんのことを当事務所ではパートナーと呼んでいるのですが、パートナーの方にも週1回の研修で学習の場を設けています。

私は10の力を持った人間が8や9しか発揮しないのではなく、3の力の方が5の力を出そうと頑張る姿勢が好きなんですよね。





Q お客様の成長のためにも、学ぶ意欲を大事にして最大限の努力・成果につなげようという想いが伝わってきました。では、事務所の強みはどのようなところにあると思われますか?また、その強みを活かした今後の展望があればお聞かせください。


・榎先生
コンサル業務と労務業務の会社がグループにあり、それぞれの分野で幅広く対応できることが強みかと思います。まずはこの強みを深めていきたいと思います。横の広がりと個人のスキルアップをこれからもはかっていきたいと思っています。





Q 事務所の発展と職員様の成長を願う気持ちが本当によく伝わりました。最近、事務所での新しい取り組みがあればお聞かせください。


・小溝先生
さきほどもありましたが、4名のパートさんに来ていただいて、パートナーと呼んで活躍していただいていることです。仕事を細分化してそれぞれの方にできることをしてもらっています。職員が成長していくことをサポートする仕組み作りも大事な仕事です。

・榎先生
パートナーの方には、イキイキとやりがいを持って働いていただいています。安心して働いてもらえるようお子さんの事情に合わせるなど環境を整えています。また部分的な仕事をしてもらうときにも、全体の中でどのように役に立つのかということを伝えてチームで仕事をしているという意識の中で取り組んでいただいています。





Q それはいいですね。イキイキというのは周りの方にも良い影響になっているかと思います。職員様の成長や学習にMyKomonがお役に立てていますでしょうか?


・榎先生
はい。スケジュール共有やお客様情報を、MyKomonを使ってきちんと共有することでお互いがフォローし合えています。お客様に対して幅広く丁寧に対応できるように、最新情報やフォーラムも活用しています。今後は経営改善も考えて工数分析なんかも使っていきたいですね。

・小溝先生
もうMyKomonがなかったらどうなっているのかと思いますね。





Q そのようにおっしゃっていただきとても嬉しい限りです。では最後に、経営者の方に一言お願いいたします。


・小溝先生
私たちの仕事はお客様がいらっしゃらなければ成り立たないもので、お客様が一番、ということを意識しています。今までは会計処理や税務処理を後から追いかけていましたが、今後は我々がお客様の前に立って導いていかなければならないと考えています。そのために事務所全体のレベルアップを図っていく必要があります。また、常に謙虚な気持ちを忘れず行動し、1歩2歩踏み込んでお客様に神経を集中していくことを意識しています。ITの進歩もありますが、お客様と長く繋がっていくために最終的にはそういうところが大事だと考えています。

・榎先生
やはりHuman to Humanだと思います。経営者は孤独ですし、私も経営者の一人ですので、どれだけ共感して寄り添っていけるのかを意識しています。


税理士法人大手前綜合事務所
http://otemae21.biz/



小溝先生・榎先生、本当にありがとうございました!

2017.8
※本インタビューページの内容は、公開日時点での情報となっております。

会計事務所インタビュー一覧へ戻る