トップページ サイトマップ 会計事務所の方はコチラヘ
経営者・事業主の声会計事務所の会について会計事務所検索お役立ち情報お問い合わせ・申込み











会計事務所インタビュー一覧へ戻る
税理士法人しんか 所長 明石晃 氏
大阪府大阪市西区

開業して3年。「一人一人のお客様とのつながりをを深めたい」とおっしゃる明石先生。誠実に、前向きにお客様と向き合っていらっしゃる先生にお話を伺いました。

        インタビュアー:松田文




Q 
先生が「税理士になろう」と思われたのはどういうきっかけだったんでしょうか?



 大学時代に、将来何をしようかと考えていたところ、学校で説明会をしていて「税理士」という職業に出会いました。「中小企業診断士」とも迷ったのですが、まずは「税理士」になろうと思い、勉強を始めました 。

 その後、働きながら勉強し、平成17年に、無事税理士登録をしました。





Q 
事務所名にこめられた、先生の思いをお聞かせください。



 

  ひらがな3文字にしたのには、2つの意味があります。

  一つ目は、“覚えてもらいやすい”ことです。カタカナや英語だと、少し年配の方などには抵抗もあると思いますが、ひらがなであれば、どんな世代の方にも認識してもらいやすい、というのがあります。

  二つ目は、「しんか」には3つの意味があります。

  「進化」・・・進歩してよりすぐれたものになる
  「真価」・・・物や人のもつ真の価値や能力
  「深化」・・・物事の程度が、深まること

  漢字にしてしまうと、意味が1つに固定されてしまいますから、敢えてひらがなで3文字にし、意味を3つ盛り込みました。

  お客様とともに「しんか」していこう、という思いをこめて、この名前にしました。




Q 先生のこだわりを教えてください。



 どんな相談でも、必ず「税理士が対応する」ということにこだわっています。

 <明るい雰囲気の相談しやすいオフィス>

 当事務所は、私を含めて2人税理士がおります。2人なので、対応できるお客様の数は限られてしまいますが、しっかりと「会ってお話しする」ことを基本に、1社1社との接点を深め、つながりを大事にするようにしています。

 「何かあった時に、すぐ税理士に相談する」。お客様にすぐ「税理士」を思い浮かべてもらえるような関係を目指しています。





Q 現在、力を入れて取り組んでいらっしゃることを教えてください。



 アジア圏への進出をご検討中の企業の方からの相談に対応し、進出前から進出後まで、一貫してお手伝いさせていただいています。

 一旦海外へ進出するとなると、税理士の業務の範囲だけでは対応しきれません。他士業やコンサルタントの方との連携が常に必要になってきます。そのため、MyKomonの「中国アジア進出支援ネットワーク」にも加盟して、海外での税務情報を入手したり、その他専門家同士のネットワークを構築することにも力を入れています。

 また、ずっと国内に居ては海外の様子も分かりませんので、実際に海外に足を運び、自分の目で現地を見て確認し、様々なノウハウを蓄積しています。

 そして、海外に行くと必要なのが、コミュニケーションツールの一つである「言葉」。今、英語も勉強しています。





Q 今回、このWebページをご覧になっている経営者の方へ、メッセージをお願いします。



 当事務所では、すべての相談に税理士が対応しています。「プロフェッショナルな内容に、スピーディに対応したい」という考えでやっています。

 海外進出を成功させるには、現地で働く人たちの協力が不可欠ですが、初めての進出の場合、経営に関するノウハウもあまりなく、戸惑われることも多いかと思います。そんな時はぜひ当事務所にご相談ください。実際に海外に足を運んで見聞きした情報やこれまでの経験、他士業とのつながりもフルに活用して、進出のご相談から進出後の運営まで、お客様の海外への第一歩を力強くお手伝いさせていただきます。

 


税理士法人 しんか
オフィシャルサイト :
http://shinka.tkcnf.com/pc/
国際税務サイト : http://www.shinka-tax.or.jp/



明石先生、ありがとうございました!

2013.09

会計事務所インタビュー一覧へ戻る

 
Copyright 2004 E=CALL Corporation All Rights Reserved.