トップページ サイトマップ 会計事務所の方はコチラヘ
経営者・事業主の声会計事務所の会について会計事務所検索お役立ち情報お問い合わせ・申込み











会計事務所インタビュー一覧へ戻る
税理士法人三田會計舎  代表 長塚寿夫 氏
東京都港区

「アートとしての税理士業務」というコンセプトのもと、“3つの「ART」”として「HEART」「SMART」「PARTNER」を掲げ、 真摯にクライアントに寄り添う長塚先生。今回はそんな長塚先生にお客様に対する想いや、事務所の強みについて伺ってきました。

        インタビュアー:稲見愛里




Q 長塚先生が税理士を目指したきっかけを教えてください。


以前は金融機関に勤めており、そのころから税理士の方とのお付き合いがありました。税理士の先生との交流を通して、こちらの方が面白そうと思ったのがそもそものきっかけです。


長塚先生




Q 先生がやりがいを感じるのはどんな時でしょうか?


お客様から評価をいただいた時です。
感謝の言葉をいただいた時が一番やりがいを感じます。




Q 先生が一番心がけていらっしゃることは何でしょうか?



お客様が何を求めているのかということを意識しています。
言葉にして伝えてもらったことはもちろんですが、お客様自身では言葉にできない悶々としていることがあると思うのです。

例えば、決算書や試算表を説明してもなかなかピンとこないお客様もいます。
そういう時に実際はどこに引っかかっているのか、資金繰りなのか、事業を大きくしたいのか、 そろそろ事業は後継者に承継したいと考えているのか・・・など、お客様が本当に求めいていることは何なのかを考えています。

そして、グラフや表などの資料を試しに作ってみて、反応を窺いながら、そういう本当のニーズを探っています。
お客様が本当に求めている深層的なところのニーズにいかに応えていくかがサービスでは?と思っています。

もちろん、お客様のニーズがわからないと応えようがないので、一生懸命やっていても努力がなかなか実にならないこともあります。

試行錯誤をしていく中で、たまにお客様のニーズとぴたりと一致する時があるのです。そういう時は「やったな!」と思います。





Q その瞬間が先生のやりがいの、お客様からの感謝の言葉のところにつながってくるのですね。
お客様との信頼関係が確立していらっしゃるから、潜在的なニーズを引き出せるのだと感じますが、 信頼関係を築くうえで心がけていることって何かありますか?


「誠実であること」に尽きます。
お客様が疑問に思っているところは、ちゃんとご納得いただけるまで説明するようにしています。

例えば、どうして税金がかかっているのか、ということを税金の計算式の説明をされて納得するお客様もいます。

そのお客様も、おそらく計算式を覚えるわけではないと思いますが、具体的に「そういう計算でこうなります」と説明されると、この会計事務所はきちんと対応してくれているのだな、と納得できるのではないかと思うのです。なので、お客様が腑に落ちるところまでとことん付き合います。

信頼関係はそういう対応の積み重ねなのだと思います。





Q 「誠実」は3つの「ART」の「SMART」につながってくるところですね。 今後力を入れていきたい取り組みはありますか?


IT化です。一番気になっているところでもあります。

試算表が毎月出てきて、決算がきっちりやってもらえて・・・ということは、会計事務所として提供しないといけない最低限の業務だと考えています。
もちろん、それで評価していただけるお客様もいらっしゃると思います。
ですが、それがクラウド会計やIT系のツールを利用して職員の手をかけずにできるのであれば、そういったツールを駆使していきたいと考えています。

そして、空いた時間で知識を蓄えて、お客様への税務的なアドバイス力を向上させ、 お客様とのコミュニケーションにより力を入れる方向に持っていきたいです。

それが結局職員自身の力にもなるし、これからの会計事務所が生き残るための道なのではと思うのです。
今までも会計事務所はサービス業だと言われていましたが、これからは更に一歩進めて舵を切っていかないといけないと思っています。






Q そういったところがお客様の満足度や信頼につながってくるのですね。


そう信じたいですし、そうだろうと思ってやっています。
うちの事務所は月次や決算だけではなく、より深く突っ込みたいという傾向があります。

もちろん、お付き合いが浅いうちは、なかなか深いところに踏み込めないこともあります。
だんだんお付き合いが深まると、その壁が取り払われてより深く踏み込めるようになり、次のステップに進めることもあるので、 そういう時はお客様の満足感につながっているのではないかと思います。





Q それが3つの「ART」の「HEART」「PARTNER」の部分ですね。最後に、経営者の皆様にメッセージをお願いいたします。


税理士や会計事務所を探す際、最初は不安だと思います。
三田會計舎は皆様からのご相談ごとに、私どもは「NO」とは言わないようにしています。

税務に関しては当然ですが、それ以外のご相談、たとえば法律の相談、お金の相談や家族の相談、病気の話なども「いや知りません」や、「うちは専門外です」とは言いません。

私どもは、何かに特化している事務所というわけではありません。
ただ、皆様の求める課題解決策をあらゆる手段と熱意をもって取り組みます。
そのために、税理士を含めあらゆる士業、専門家と連携を取りながら、相談に応えていく体制を整えています。

セカンドオピニオンという形でも、何かご相談があれば、お気軽にご相談いただければと思っています。




税理士法人三田會計舎 http://mitakaikeisha.or.jp/

長塚先生、本当にありがとうございました!




2017.6
※本インタビューページの内容は、公開日時点での情報となっております。

会計事務所インタビュー一覧へ戻る