トップページ サイトマップ 会計事務所の方はコチラヘ
経営者・事業主の声会計事務所の会について会計事務所検索お役立ち情報お問い合わせ・申込み











会計事務所インタビュー一覧へ戻る
税理士法人風神会計事務所 代表社員 風神 正典 氏
和歌山県和歌山市

開業から29年目を迎える税理士法人風神会計事務所。58名の職員様に囲まれた風神先生には、組織づくりにかける静かで熱い思いがありました。
『無名にして有力なる人たるべし』
安岡正篤の言葉を座右の銘として、お客様との信頼関係を築くことを念頭に置き、組織づくりをされています。そんな風神先生にお話を伺いました。

        インタビュアー:水谷 真紀子




Q 
まずは税理士になるきっかけを教えて下さい。


 元々家業を継ぐつもりでした。父の方針で大学卒業後、1年間の丁稚奉公を行い、その後家業に従事しました。

 勤めている中で、今後のことを考えたときに、性別・学歴に関係なく 頑張れば誰でも活躍することができる税理士に憧れたことがきっかけです。

 26歳から、資格勉強をしながら会計事務所に勤めました。並行して通った専門学校の先生には、「(その年齢では)遅い」と言われました。今はそう思わないですけどね。





Q 税理士になられて、日々心がけていることはなんですか?


 嘘をつかないことです。

 自分だけでなく、職員にも徹底しています。それが、お客様からの信頼に繋がるためです。





Q 
それがまた職員様58名の組織づくりにも繋がっているのですね。組織づくりのコツは何かありますか?


 ルールを明確にして、認識の一致を図ることでしょうか。ただ、会計事務所は組織づくりが難しいと感じています。

 なぜなら、会計事務所は労働集約型産業なので、仕事が人に帰属しがちです。 そうなると、どうしても個人プレーになってしまいます。 その状態では人数が増えるほど、組織として動くことが難しくなります。





Q 何か工夫をされているのでしょうか?


 「ガイドブック」に社内ルールをまとめ、職員全員で共有しています。 また、特に新人職員とは認識の相違が生まれることが多かったので、 社内の「用語集」を作成して言葉の認識の統一を図っています。

 こういったガイドブックや用語集は置いているだけでは、効果がありません。新人研修で内容を伝えたり、朝礼で唱和することで浸透させ、実践しています。 ただ、続けるには根気が要ります。

 その他に、所内全体の環境改善・全員がコミュニケーションを取れる場として、イベントの開催も積極的に行っています。





Q 組織づくりに力を入れて取り組むようになったきっかけを教えてください。


 50代前半になったとき、ふと、10年後を見据えて、 「このままで良いのだろうか?」「自分が居なくなった時どうなるのか?」と考えたことがきっかけです。

 それまでは自分が事務所を引っ張る、文鎮の頭といったスタイルで成り立って きましたが、組織として動いていくため、仕事を分担することが必要だと感じたのです。





Q ホームページを拝見したところ、今年で開業29年なのですね。
  30年を前に思いをお聞かせいただけますか。


 まだ組織として運営することが徹底できていません。
今後、更にトップと幹部の仕事を明確にし、幹部に仕事を任せていきたいです。 組織をより強固なものにして、この先も継続していける事務所にしたいと考えています。





Q 
お客様とご対応されるときに、気をつけておられることなどがあれば、教えてください。


 お客様はまず大前提として税務・会計の仕事を依頼されています。 それを疎かにすることはお客様の信頼を裏切ることになります。プロとして、常に基本業務を疎かにしないことを念頭に置いています。

 必要なご提案や、相談に乗らせていただくことも多く、何かご相談があれば、職員は皆、事務所の取り組みを紹介します。実際に事務所で活用しているツールをご提供することもあります。

 ただ、「コンサルもどき」になることがない様には気をつけています。





Q 
医療機関のお客様へはMyKomonのツールをご活用いただいていると聞きましたが?


 医業データベースで診療報酬・財務の分析をさせていただくのに活用しています。全国・地域の医療機関と比較できるところはお客様にも喜んでいただいています。「プラスアルファの情報提供」というお土産としても活用しています。

 また、所内では進捗管理表で業務の進捗状況の管理や共有もしています。 予定通りに進んでいないときは、仕事が詰まっている可能性があり、全体を取りまとめる総務でそれを察知できるのでありがたいです。





Q 
嬉しいお言葉です。ありがとうございます。
  では最後に、これまで沢山の事業主様とお付き合いされてきたと思いますが、今後どのような方とお付き合いしていきたいかなどお聞かせいただけますか?


 今の時代はビジネスのスタイルの変化が激しく、それに対して柔軟な対応が必要になります。

 ただ、柔軟な対応を取りながらも、信念をしっかり持っている人は魅力的です。 今後もそんな方々と仕事をしていきたいですね。


税理士法人風神会計事務所
http://www.kazetax.com/



風神先生、ありがとうございました!

2016.04

会計事務所インタビュー一覧へ戻る

 
Copyright 2004 E=CALL Corporation All Rights Reserved.