トップページ サイトマップ 会計事務所の方はコチラヘ
経営者・事業主の声会計事務所の会について会計事務所検索お役立ち情報お問い合わせ・申込み












会計事務所インタビュー一覧へ戻る
小林孝至税務会計事務所 代表 小林孝至 氏
東京都世田谷区 会計事務所詳細情報 ホームページ
「複雑でデリケートな相続税対策や申告は、かなりの数を経験しています。」
開業地である、一大文京エリア・高級住宅地「世田谷」は、先生ご自身の資産税に関わる豊富なノウハウを余すところ無く発揮できる地域といえるだろう。個人会計事務所、外資系税務事務所、税理士法人勤務を通じ重ねたキャリアが裏打ちする、資産税の水先案内人「小林孝至先生」に話しを聞いた。

        インタビュアー:MyKomonプロジェクト 鈴木 将之


Q 事務所の経営理念をお聞かせいただけますか。

 3つ掲げています。

 ・Client first
 ・コンプライアンスの遵守(法令遵守)
 ・社会への貢献

 クライアントファーストとは解りやすく言いますと
”お客様第一主義”ということです。どうすればお客様の為になるのかを常に意識して業務を行っています。非常に個別性の高い「相続・事業承継」を取り扱う場合、事務的な手続ではなく、お客様の立場にたって一緒に考えながらサポートしなければならないと思っています。お客様の要望、悩みを良く理解することは、資産税を取り扱う上でとても大切なことです。もちろん法人の会計、税務のお客様の意思決定をサポートする上でも、この考え方は徹底しています。

 お客様の個別事情を考慮しながら、法令を遵守し、お客様も納得のいく適正な納税を通じて、社会貢献することを私の使命と考え、専門家として誠意と情熱を持って日々、情報・知識取得に励んでいきたいと思っています。


Q お客様へのサービス提供で心がけていることはありますか。

 毎月お邪魔させていただき、各種相談をお聞きしているお客様、年に数回お邪魔させていただき申告を中心にお手伝いさせていただいているお客様・・・それぞれのお客様の実態に合わせた対応、提案をさせていただけるよう心がけています。

 本を読んだらどうにかなるような、マニュアル通りの対策ではなく、個別具体的なサービスをご提供したいと思っています。吊るしのスーツではなく、着る人のこだわりを細部まで忠実に反映したオーダーメイドスーツのようなサービスです。大量生産型ではなく、個別事情に即した的確な対策、サポートをしていきたいですね。専門用語を使うのを避け、分かりやすい表現で、お客様が納得いくまでお話することを心がけ、よき相談相手となり、喜ばれ、感謝され、感動していただける会計事務所を目指しています。


Q 先生は資産税の業務をコア事業とされていらっしゃいますが、取り組もうと思われたきっかけ等を教えていただけないですか。

 はい。相続・事業承継など、資産税の取り扱いが多い会計事務所での勤務が長かったこともあり、開業してからもこの経験を活かしていきたいと思っていました。お客様の大切な資産をどのように活用し、また守っていくか、数多くの事例を経験したことは、私の礎になっています。

 資産税のコンサルティングで大切なのは、関係者間でもめることなく、道筋を明確にすることに尽きます。申告書の作成は、単なる結果処理であり、大事なのは、資産の分割方法と納税対策ではないでしょうか。事前対策を必要とされるお客様には、遺産分割シミュレーション※@のサービスをご提供しています。


※@ 「遺産分割シミュレーション」レポート

 さらに、数多く実践してきた事例をもとに『あなたの相続・事業承継は大丈夫?』という小冊子※Aを発行しました。


※A 「あなたの相続・事業承継は大丈夫?」小冊子

小冊子をご希望の方は無料でホームページ上からお申込みいただけます。
http://www.cta-kobayashi.com/souzoku-taisaku/




 事業承継・相続対策に精通した税理士として、今後も精力的に皆様の役に立つ情報をご提供していきたいです。







Q 事務所の強みや今後の展望などをお聞かせいただけますか。


 個人会計事務所、外資系税務事務所、税理士法人勤務で様々な業種、業態の企業様との接点がありました。一番身近な法律家として、資産税関連業務以外にも、あらゆる問題に対応できるキャリアを積んできましたので、お客様の安心感や業務上のアドバンテージをご提供できていると自信を持っています。

 また、キャリアを活かし、「DREAM GATE(ドリームゲート)」の「起業・経営相談室」のアドバイザーとして、メール相談や面談相談を通して、起業家予備軍の皆様に対し、起業支援コンサルティング(資金調達(助成金、融資)、事業計画書の作成等)を行っております。中小企業基盤人材確保助成金や受給資格者創業支援助成金等、起業前に知っていると得する助成金の活用提案や、金融機関からの融資を引き出す経営計画書の作成等を絡め、総合的な起業サポートを展開していきたいと思っています。


「DREAM GATE(ドリームゲート)http://www.dreamgate.gr.jp/」とは、夢を追う全ての方に、やり
たいことをやる道として会社員以外にも独立・起業という道があることを知ってもらい、同時にその挑戦を様々な形でサポートするサービスの総称です。

アドバイザーとしての掲載ページはこちらです↓
  http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/cta_koba/

 最近では、飲食店(特にフランス料理・イタリア料理などの専門店)に開業前から関与して、助成金コンサル・融資コンサル・会社設立・税務顧問等のサービスを一括して提供しており、お客様から喜ばれています(会社設立と助成金申請は幣事務所提携の司法書士・社会保険労務士が行っています)。


Q 最後に経営者の皆さんへのメッセージをいただけますか


 経営者の悩みは会計、税務という専門分野を超えて、広範囲に渡っています。そのような悩みに対する相談役としての期待に応えていきたいと思います。会社の経営のことを社長様と一緒に考えて、会社の発展をお手伝いする一番のサポーターでありたいと思っています。

2007.11

会計事務所インタビュー一覧へ戻る

Copyright 2004 E=CALL Corporation All Rights Reserved.