トップページ サイトマップ 会計事務所の方はコチラヘ
経営者・事業主の声会計事務所の会について会計事務所検索お役立ち情報お問い合わせ・申込み











会計事務所インタビュー一覧へ戻る
株式会社エムエムジー経営研究所 本塚会計事務所 代表 本塚雄一郎 氏
埼玉県熊谷市 会計事務所詳細情報 ホームページ
埼玉県熊谷市の中心部に位置する会計事務所。税務だけでなく、人事コンサル、M&A、FP業務等の幅広い専門分野を備え、関与先をフルサポートできる体制を整えていらっしゃいます。
本塚先生自らがパソコン等に精通されており、IT化にも積極的に取り組まれています。
経営理念は、「関与先に喜ばれる仕事を通じて、社員の幸福を増進し、会社の発展と繁栄に帰する」。
インタビュアー:MyKomonプロジェクト

幾島:本日はお忙しいところ、お時間をいただきましてありがとうございます。
 さっそくですが、まず経営理念についてお伺いします。関与先、社員、会社の3者の利益を意識されていることが非常に印象的ですが…。

本塚:そうですね。やはり3者の利益が常に一致するような経営を行い、職業を通じて社会に奉仕することが重要と考えています。
 我々は社会の中の良き分業者として、社会の要求を的確に供給し、適正な利潤を適正なコストによって確保しなければなりません。と同時に、自己実現を可能とする充実した仕事を行うことで、明るい職場を目指すことも大切です。
 ですから社員には、
  第一に 関与先の立場になって仕事を行う
  第二に 社員の生活向上に努力を払う
  第三に 我社の成長と安定に全力を尽くす
この3つの姿勢が欠かせないと、いつも話しているんですよ。

幾島:では、この3つの利益を叶えるため、御社ではどのような点に力を入れ、事業を展開されていらっしゃるのでしょうか。

本塚:お客様は厳しい経営環境の中で努力されています。それに対し、我々はどういったお手伝いができるかを常に考えています。
 私共の柱は、会計士・税理士の既存業務である税務・財務指導ですので、まずはその部分をベースとなる強みとして大切にしながら、プラスアルファとして時代の流れに沿った様々な経営支援に対応しています。例えば、M&A支援を始めとした経営計画、ユースウエア、年金賃金コンサル、事業承継コンサル等の取組みがそれです。

幾島:先生が現在特に注力されている取組みには、どのようなものがあるのでしょうか。

本塚:2つあります。
 一つは、関与先において経理事務が自立できるような支援です。関与先企業ごとに事務フロー分析を行い、経理の流れをコンサルティングすることに努めています。
 二つ目の取組みは、相続が発生した時の手続き業務の支援です。会計事務所ですから、相続税の申告業務のご相談をいただくこともしばしば。しかし、相続は税の申告だけでは終わりませんよね。お客様にとっては、相続による経済的な不利益や心理的ストレスも大きな問題ですし、争族を最小限に抑えることも大きなニーズです。そこで、ご遺族の更なる繁栄をサポートするために、税務申告だけでなく相続全体の手続きをお手伝いできる体制を整えています。

幾島:今後の展望についても、よろしければ…。

本塚:消費税の課税対象事業者が拡大しますので、今まで会計事務所とは縁がなかった経営者様も、我々にご相談いただく機会が増えてくると思います。その時にきちんとご提案できるようなメニュー作り、商品開発が、目下のところの課題ですね。
 それから、最近、マーケティング部を創設しました。我々のサービスを顧問先に伝達するための部署です。やはりこれからは、会計事務所や税理士法人も営業をダイナミックに推進していかなければならないですからね。

幾島:その展開にはぜひマイ顧問もご活用いただけると嬉しいですね。ところで現時点では、マイ顧問をどのようにご活用されていらっしゃるのでしょうか。

本塚:やはり主は調べものです。社内では「マイ顧問で調べてから質問にくるように」と職員に指導しています。それから、税務や労務の顧問先に対しては、ネット顧問や情報発信のツールとして活用していますよ。

幾島:ありがとうございます。ますますご活用いただけますよう、私共も商品を強化してご提案できるよう、引き続き頑張っていきたいと思います。
 さて、少し志向を変えて…。先生が最近凝っていらっしゃることがあるとお伺いしたのですが…。

本塚:体作りですね。経営者の皆さん!体作りのために水泳をしませんか?30分で1km。歩くだけでも効果がありますよ。有酸素運動で仕事の活力を創りましょう!

幾島:これが先生のご健康の秘訣ですね。やはり活力は大切ですからねぇ。

本塚:そうですよ。今の時代の経済に必要なのは活力。特にベンチャー企業魂が大切だと思います。
 団塊世代がもうすぐ一斉に定年を迎えますから、その世代と若者世代の雇用をどうするかが、今後の大きな問題です。世の中が大きく動きますよ。特に熊谷は国体も間近でインフラ整備が急ピッチで進んでますから、経済活性化の起爆剤にはベンチャー企業魂が不可欠なんです。

幾島:なるほど…。そのためにもやはり、基本は体力作りですね。最後に、経営者の方々にメッセージをお願いできませんか。

本塚:他の業界の企業と同様、会計事務所業界も、他のサービス業との連携がこれからのキーワードです。我々は長年、税務の専門家としてサービスを提供してまいりましたが、現代社会は我々税理士に対し、税務以外のトータルサービスを要求しています。その要求に的確に対応していくことが、我々の使命であると考えています。まさに、士業からサービス業への転換です。
 当社では現在、税理士法人設立の準備をしておりますが、これも他の分野の専門家とも積極的に連携し、皆様により幅広く厚みのあるサービスが提供できますよう、体制を整えるために行っています。これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

幾島:本日は貴重なお時間をいただきまして、ありがとうございました。これからのご活躍を心からお祈りするとともに、マイ顧問が御社のますますのご発展の一助となりますよう、当方もサービス強化を努めてまいりたいと思います。
 本日は本当にありがとうございました。

2004.6

会計事務所インタビュー一覧へ戻る

Copyright 2004 E=CALL Corporation All Rights Reserved.