トップページ サイトマップ 会計事務所の方はコチラヘ
経営者・事業主の声会計事務所の会について会計事務所検索お役立ち情報お問い合わせ・申込み












活動紹介一覧へ戻る
■労務相談対応スキルアップ研修会(9月東京・大阪)


開催実施日:
 
東京 9月13日、大阪 9月12日

参加事務所数:
 東京 13事務所、大阪 20事務所

講座概要:
 会社を経営するうえで『人』の問題は、必ず発生すると言っても過言ではありません。
 近年は、労働トラブルの急増や労働法制の複雑化が進み、『人』に関する相談が急増しています。
 こうした問題は感情的な問題が絡むだけに、非常に難しい対応が要求されます。
 
 我々MyKomon会計事務所の会は、顧問先企業様に的確な相談対応を行うべく、
 人事労務専門のコンサルタントを講師に招き、合同研修会を行いました。

研修会内容:
 
問題社員の対応と労働基準法
 講師:株式会社名南経営 常務取締役・社会保険労務士 小山邦彦

 講師からの一方的な講義ではなく質問形式で研修会は進められました。
 参加会計事務所が、実際に受けた判断の難しい相談をいくつか挙げていただき、その回答を専門家がいたしました。

【質問】
 不誠実な社員の対処方法はありますか?

【回答】
 会社は、社員に対して賃金の支払義務そして、安全配慮義務を負う必要がありますが、同時に社員は、誠実に働く義務があります。

 例えば、協調性、信頼性に著しく欠ける社員がいたとします。
その社員の行動が周りの業務に多くの影響を与えてるという事があれば、具体的な記録を取ってください。

 その記録をもとに『労働の要求に対する履行ができていない』、『就業規則に違反している』、となれば債務の不履行となりその社員に警告することができます。

その他にあった会計事務所からの質問
 ・残業手当の取り扱い
 ・遅刻・早退の取り扱い
 ・試用期間の取り扱い
 ・賞与の取り扱い        等です。

参加事務所の声:
 ・本には載っていない問題の解決方法が聞けたので非常に参考になりました。
 ・具体例が多くて参考になりました。今まで他の社労士の先生の研修会にも参加しましたが、ここまでお話頂いたのは初めてです。
 ・今まで参加した社労士の先生の研修会は、労働者側に寄った話が多かったのですが、今回は、会社側の立場で先生が経験されたノウハウを出していただけたのでありがたかったです。
 ・身近な事例の解説をしていただき大変ためになりました。法律の範囲内でどのように対応していけばいいかをもっと学びたいと思います。次回の研修会が楽しみです。


 実際の事例をもとに実践的な回答であったため参加会計事務所からは、高い評価をいただきました。
 人事・労務の問題は、判断次第で大きなリスクを招くことになりかねません。
 明確な回答を持ち合わせたパートナーが必要です。

 MyKomon会計事務所の会では、このような研修会を定期的に開催することによって企業様のあらゆる悩みや課題に取り組んでいこうと考えております。
2005.11

活動紹介一覧へ戻る

Copyright 2004 E=CALL Corporation All Rights Reserved.