トップページ サイトマップ 会計事務所の方はコチラヘ
経営者・事業主の声会計事務所の会について会計事務所検索お役立ち情報お問い合わせ・申込み












活動紹介一覧へ戻る
■医科クライアント様に喜ばれる会計事務所であるために
  (医業担当者養成講座第1講)


開催実施日:
 
東京 8月19・20日、大阪 8月5・6日

参加事務所数:
 東京 約20名、大阪 約30名

開催趣旨:
 
MyKomon会計事務所の会では、会計事務所が、医療機関クライアント様向けにより一層のサービス向上を図るために、毎年、会計事務所向けの「医業担当者養成講座」(毎年更新)を開講しております。今年平成17年は8月より11月まで毎月2日間全4講、東京・大阪にて開催中。「ドクターの求める会計事務所の役割」をテーマに、下記のような内容で研修をしています。

講座概要:
 現在の病医院を取り巻く環境の変化と今後
 会計事務所が知っておくとよい診療報酬の基礎と改定のポイント
 会計事務所ができるドクターに喜ばれる経営アドバイスとは
 医科向けシミュレーションと各種レポート

講師:
 株式会社名南経営 服部正己

講座内容と風景:
 レセプトから診療報酬のチェックをしていく、各種分析のための情報収集をする、ドクターの理想の診療方針に基づく経営アドバイスをしていく方法など、会計税務面以外のドクターの求める会計事務所のあり方とは何かを考え、ドクターに喜ばれるサービスの提供を追及。実際のデータをもとに、4,5人のグループディスカッションや問題演習を交えながら、さらなる専門知識の定着とコンサル手法を学びました。

 レセプトから診療報酬請求漏れがないかをチェックをする方法(病名によっては必ずといっていいほどあるはずであろう診療報酬請求)、診療報酬改定による診療収入への影響(内科と小児科を併設している医療機関の場合など)、医療機関の機能分化が推進されるにあたっての対応策(病院は紹介率が高いほど診療報酬加算も多くなる、初・再診料の病院と診療所の格差など)、来年の診療報酬改定予測(注目は看護や小児、予想されることは)など、が取り上げられました。
 試算表からのデータ分析のみならず、診療報酬からのデータの読み取りと分析、全国比較や他医院の取り組みなど、客観的数値データと事例などの業界情報の提供などによるドクターの求める会計事務所の役割を考えました。

 そして何より大切なことは、ドクターの理想とする医療提供のサポートをするという認識である、そのような姿勢を再確認しました。今後より一層のサービスを提供していくための研究の場となりました。

参加事務所の声:
 「すべてにおいて情報収集と手間を惜しんではいけないと思った。」
 「レセプトから診療報酬のチェックをする診療所へのコンサルタントの導入を検討します。」


以上のような、医科歯科クライアント様に向けたサービス満足度のさらなる向上のため、会計事務所も日々、勉強・研究し、切磋琢磨しております。
詳細など気になる点がおありの方は、お問い合わせください。
2005.8

活動紹介一覧へ戻る

Copyright 2004 E=CALL Corporation All Rights Reserved.