MyKomon会計事務所
株式会社デモ販売 デモ 太郎 様専用ページ ホーム  設定  ログアウト
 
@メディカル
作成日:201*/01/31
就業規則作成のメリット


Mクリニック
「最近、職員数が10名を超えました。職員から、有給や労働時間等に関することを色々聞かれることが増えました。」

A社労士
「常時10名以上の職員を使用している事業場では、就業規則を作成し、労働基準監督署に届け出る義務があります。就業規則を作成し、ルール作りをすることによって職員が安心して働けます。」

今回は、就業規則の中で、医院にとって特に重要で、整備することにメリットがある条項について、説明いたします。




--------------------------------------------------------------------------------
1.試用期間を設けるメリットとは?
--------------------------------------------------------------------------------

 採用試験を経て職員が入職しますが、実際に働き始めると医院に合わない職員がいます。そのため、入職した職員をすぐに本採用とするのではなく、数ヶ月間の試用期間を設け、職員の適性や能力を見極めてから本採用とした方が医院にとって安全です。試用期間の取扱いを就業規則等で事前に決めておくことにより、労使トラブルを避けることができます。

【ポイント】
 試用期間中であれば、採用後14日以内は解雇予告を行わずに解雇することができます。


--------------------------------------------------------------------------------
2.1ヶ月単位・1年単位の変形労働時間制を導入するメリットとは?
--------------------------------------------------------------------------------

  医院では診療時間に合わせた労働時間を設定するため、1週間の中に半日勤務日と終日勤務日が混在する場合が多いです。そのため、1ヶ月単位で見ると、平均週40(44)時間以内ですが、日によっては8時間以上、週によっては40(44)時間以上勤務する日がある医院は、1ヶ月単位の変形労働時間制を導入すると、割増賃金を減らすことができます。
 また、夏季休暇や冬季休暇等が長い医院では、1年単位の変形労働時間制を導入すると、割増賃金を減らすことができる場合があります。

1ヶ月単位や、1年単位の変形労働時間制を採用するには、就業規則への定めが必要となります。

【ポイント】
 10人未満の医院では、1ヶ月単位の変形労働時間制は、就業規則ではなく労使協定の締結による導入もできます。


--------------------------------------------------------------------------------
3.有給申請をルール化するメリットとは?
--------------------------------------------------------------------------------

  突然、有給を取得する職員がいると、他の職員や患者さんに迷惑がかかることがあります。そのため、有給の申請方法や申請時期等について、医院と職員間で事前にルール化することが、円滑な医院運営を進める上でかかせないものとなります。
 また、計画的に有給を消化させたい医院には『年次有給休暇の計画的付与』という制度があります。有給のうち5日を超える分については、労使協定を結べば、計画的に休暇取得日を決めることができる制度のことです。有給のうち、5日は個人が自由に取得できる日数として必ず残しておかなければなりません。

【ポイント】
 夏季休暇や年末年始休暇を、有給の計画的付与対象日とされている医院もあります。


--------------------------------------------------------------------------------
4.秘密保持条項を設けるメリットとは?
--------------------------------------------------------------------------------

 医院では、患者の病状等の秘密情報を取り扱います。職員が業務上知り得た情報を公表しないように就業規則で定めることが、秘密情報の漏洩を防ぐ手助けとなります。

【ポイント】
 職員に誓約書を提出させると、情報漏洩対策が更に万全となります。


--------------------------------------------------------------------------------
5.育児休業・介護休業条項を設けるメリットとは?
--------------------------------------------------------------------------------

 医院の職員は女性が多いため、育児休業を希望する職員が多い業種となります。また、高齢化社会のため、今後、介護休業を希望する職員が増えてくることが予想されます。職員が育児休業や介護休業を希望した場合の医院としての対応方法を、予め就業規則で定めておくことが大切になります。

【ポイント】
 入職間もない職員等を、労使協定により、育児・介護休業の適用除外とすることができます。


--------------------------------------------------------------------------------
6.服務心得を整備するメリットとは?
--------------------------------------------------------------------------------

  服務心得の条項は、医院にとって、就業規則を整備する大きなメリットの一つです。
 医院の理念や職員に守って欲しい行動指針を就業規則に定めることによって、全ての職員に漏れなく内容を伝えることができます。明文化されることにより、医院の理念や行動指針について、職員が共通の認識を持つことができます。

 職員に守って欲しい行動指針を、その都度、口頭で伝えるというのは、医院にとって労力がかかります。文書ではなく口頭のみで、全ての職員に医院の理念や職員の行動指針を全て伝えるのは難しいことです。

【ポイント】
 列挙した服務心得に違反した職員に対しては、違反した程度に応じて制裁の対象として扱うことも大切です。


--------------------------------------------------------------------------------
7.表彰および制裁条項を整備するメリットとは?
-------------------------------------------------------------------------------

  業務成績が優良な職員に対して、具体的な表彰方法を定めることによって、職員のやる気を促します。
 就業規則の禁止・制限事項に抵触するような問題行動を起こした職員に対して、医院が職員にどのような制裁を行うのかを予め定めておくと、何か問題が起きた場合に迷わずにすみます。問題行動の内容に応じた制裁、「訓戒」「減給」「出勤停止」「諭旨退職」「懲戒解雇」等を就業規則で定めておきます。


--------------------------------------------------------------------------------
8.退職条項を整備するメリットとは?
--------------------------------------------------------------------------------

  職員の退職に関する事項をルール化することは、労使トラブルを避けるための第一歩です。
 どのような場合に職員が解雇されるのか、職員が自己都合退職する場合はどのようなことに気をつけて欲しいのか、定年退職について等の退職に関する事項について、就業規則にて定めておくと労使トラブルを避けることができます。

【ポイント】
 定年後に継続雇用制度を導入する場合は、『継続雇用制度における選定基準等に関する協定書』を医院と職員間で締結することが必要となります。


--------------------------------------------------------------------------------
9.休職を設けるメリットとは?
--------------------------------------------------------------------------------

  最近、精神的な病気から、長期休業を希望する職員が増えてきました。休職できる期間や休業中の賃金、復職等のルールを事前に決めておくと、医院が職員を安心して休ませることができます。
  就業規則が無い医院で、精神的な病気による休職者が発生した場合は、休職中や復帰後の取扱いについて、医院と職員間で話し合いをしていくことになりますが、職員が精神的な病気で療養中は話し合いが上手くいかない場合が多いようです。就業規則で、休職についてのルールを定めておくことによって、医院と職員が、休業中や復帰後にトラブルになることを避けることができます。


--------------------------------------------------------------------------------
10.賃金規程(賃金条項)を設けるメリットとは?
-------------------------------------------------------------------------------

 給与支払い方法について、賃金規程(賃金条項)にて定めることによって、全ての職員に対して統一した方法で給与計算を行うことができます。どのような仕組みで給与計算がされているかを職員が知る事によって、職員が意欲的に安心して働くことができます。

【ポイント】
@「遅刻、早退または欠勤の賃金控除」を定めることにより、給与計算時に迷いません。
A「給与改定」や「各種手当」、「賞与」を定めることにより、職員の勤労意欲が増し、給与(賞与)計算がスムーズになります。


--------------------------------------------------------------------------------
11.退職金規程(退職金条項)を設けるメリットとは?
-------------------------------------------------------------------------------

  職員が長期間勤務することは、職員が接する患者に安心感を与え、ひいては医院経営の安定に繋がります。
 職員の長期間勤務を促すため、または職員の長期間勤務に対する恩恵のために、ある一定以上の期間勤務した月給者に対して、退職金を支給している医院が多いようです。退職金の支給方法について、退職金規定(退職金条項)で定めることにより、職員に対して統一した方法で支給でき、職員の長期勤務意欲が増します。



●最後に●

  就業規則を作成することによる様々なメリットを確認してきました。常時10名以上の職員がいる事業場では就業規則の作成および労働基準監督署への届出が義務付けられていますが、職員数が10名未満の事業場についても、就業規則を作成することにより、労使関係を円滑なものにすることができます。


(文責:日比彩恵子)

 
著作権について][動作環境][利用規約] 当サイトに掲載されている情報・写真・図表・システム等の無断転載は一切禁止します。
Copyright(C)2000-2010 MyKomonProject All Right Reserved.